「花火、ヨーロッパ」に関連する現地ガイド記事

「花火、ヨーロッパ」に関連する現地ガイド記事

花火、ヨーロッパに関する現地ガイド記事を集めました。花火、ヨーロッパの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

エメラルド色の海と城壁のコントラストが魅力的な、海の町ナフパクトス

[2016/06/21] アリサンドラトゥー芳香

アテネからも日帰りなどで訪れる人の多いデルフォイ遺跡ですが、ここからさらに足を延ばして訪れたい場所の一つが、デルフィから車で1時間半。景色もよくビーチも多い海沿いの道を進んでいくとたどり着く、海の町ナフパクトスです。ナフパクトスというと馴染みがない方でも、「レパントの海戦」といえば聞いたことがあるのではないでしょうか。このレパントが、現在ナフパクトスと呼ばれる町です。この近くの、アテネオリンピックに合わせて完成した、リオ・アディリオの橋を渡るか、アッディリオから船にのり、25分ほどかけて海の向こ… 続きを読む



甘い香りに包まれた中世の街ブリュッセル

[2016/01/28] りんみゆき

ブリュッセル駅で降りると、チョコレートとワッフルとお花の甘い香りに歓迎されて思わず笑顔。ベルギーの有名人、「小便小僧」(マネキンピスManneken Pis)は駅から石畳を歩いて約10分の距離。お土産やさんもこの辺りにたくさん並んでいます。人だかりができているのですぐにわかりますが、びっくりするほど小さくてかわいい像。もともとここは水汲み場として使われていました。「小僧」に対抗して、あるバーのオーナーが人集めのために作った少女版の像(ジャンネケピスJeanneke Pis)も少し離れたところにあ… 続きを読む



ヨーロッパ最大級のジャズの祭典、中世の町オルヴィエートがリズムに揺れる!

[2016/01/13] 堂剛

ウンブリア州の西に位置するオルヴィエートは人口2万人の小さな町。白ワインとイノシシのサラミが名産の中世の町は、毎年12月28日になると世界中から人が集まってきます。そう、年末から年始にかけての5日間はヨーロッパ最大級の「ウンブリア・ジャズ・フェスティバル」が開催されるのです。中部イタリアの寒い冬も忘れるほど、町全体がジャズで熱く盛り上がります。正月休みにイタリアに訪れる方には、ぜひ一度その熱気を体験して欲しいです。 続きを読む



復活祭は、家族が集うギリシャ一のお祝いごと!

[2011/04/10] アリサンドラトゥー芳香

もともと家族の絆の強いギリシャ。このギリシャ人たちが家族で集ってみなで祝う祝日といえば、年に一度の復活祭です。この祝日は、ギリシャ正教の暦の関係で、4月初旬のこともあれば、4月後半になることもあり、この2011年は、4月24日日曜日となっています。ヨーロッパのカトリック教などの諸国でも復活祭は祝われますが、それに比べ、ギリシャでの復活祭は特に大きなお祝いである印象を受けます。田舎に親族一同集まり、羊の丸焼きなどを野外で炭焼きにして、みんなで食べるというのが典型的な復活祭の過ごし方です。 続きを読む



北欧を訪れるならぜひ夏至祭の時に!

[2010/03/25] Shohei

今回は私が北欧で一番大好きなイベントである夏至祭をご紹介します!夏至祭はまたの名をサンクトハンス・アフテン(直訳:聖ヨハネの夜)と言い、宗教行事的な風習も色濃いのですが、何よりも一年で一番日の長い時を楽しむことに重きが置かれているイベントです。ひょっとしたら「夏至って一年で一番日が長いだけのことでしょ?それがそんなにすごいの?」と思われるかもしれませんが…スゴいんです!そこには絶対に日本では感じられない、北欧ならではの夏至のなせる、美しい時間があるのです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 花火、ヨーロッパ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。