「草場地」に関連する現地ガイド記事

「草場地」に関連する現地ガイド記事

草場地に関する現地ガイド記事を集めました。草場地の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

北京で開催される大型の写真祭を見学

[2012/05/11] 原口純子

北京では2010年から春に大型の写真祭が開かれるようになり、今年で3年目になります。会場は、市の北東部の「草場地」と呼ばれるエリア。このエリアには沢山のギャラリーやアーティストのアトリエが点在し、北京でアートに触れるには最適のエリアですが、春から夏にかけては、写真祭によって活気づきます。エリアのギャラリー約20カ所でビジュアルアートに関する作品展やフォーラムが開かれ、毎年数万人の観客を集めます。国際都市北京では、集まる観客も中国人だけでなく、外国人も多数。個展などで参加する写真家も、中国人だけで… 続きを読む



北京のアートエリア「草場地」で開催、国際写真フェスティバル

[2010/03/12] 原口純子

4月17日より、北京のアートエリア「草場地」で国際写真フェスティバルが開かれます。40年の歴史をもち、国際的に知られた「アルル国際写真フェスティバル」と提携のもと、北京のアートエリア「草場地」を舞台に6月30日まで、写真をテーマにさまざまなイベントが開かれます。「草場地」(中国語では、チャオ・チャン・ディ)は、北京空港に近い、市街地からみて北東部にあるエリアで、もとは農村地帯でしたが、2000年前後から、国際的なギャラリーが次々に進出し、現在では、北京指折りのアートエリアになっています。豊かな自… 続きを読む



アート好き必見!北京初のビジュアルアートセンター「三影堂」誕生

[2007/08/10] 原口純子

アートファンに朗報!この夏、北京に初のビジュアルアートセンター「三影堂」ができました。しかも、公立でなく、個人の力で創設された完全に民営のアートセンターです。創設者になっているのは、中国でアーティストとして活躍する、栄栄(ロンロン)さんと、映里(インリ)さんのカップル。「アートと静かに対話する場所が作りたい」というアーティストとしての思いから出発しただけに、空間の隅々までアートを愛する雰囲気が漂っています。場所は、北京の中心部からクルマで東へ40分ほどの、草場地、というエリア。いまこのエリアには… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 草場地」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。