「衛兵交代式」に関連する現地ガイド記事

「衛兵交代式」に関連する現地ガイド記事

衛兵交代式に関する現地ガイド記事を集めました。衛兵交代式の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

子どもと楽しむロンドン

[2017/04/02] りんみゆき

ロンドンに行ってこれを見ずに帰れないのは、バッキンガム宮殿の衛兵交代式ではないでしょうか。お行儀よく並んで行進する衛兵の前に、ロイヤルホースガーズという騎馬隊の交代式もあります。先頭は白馬。これは午前10時半にスタートし、衛兵の交代は午前11時からはじまります。夏季は毎日、それ以外は一日おきに行われるので、ウェブサイトであらかじめ確認しておくとよいでしょう。同じ時間に少し離れたウィンザー城でも同じく衛兵の交代式が行われます。世界中からの観光客が集まり大変混雑しているので、スリや迷子には要注意。 続きを読む



チリの歴史を感じるモネダ宮殿へ

[2014/02/08] 鰐部マリエ

社会主義崩壊後のチリは、アウグスト・ピノチェトが大統領に就任しその後17年間にも渡って軍事独裁体制が敷かれました。その間に多くの反体制派の知識人や市民が虐待や虐殺され、数十万人が強制収容所に送られたとも言われていますが、現在のチリはそんな過去が嘘の様に平和で、他の南米の国に比べると治安も安定していて平和な国の一つといわれています。モネダ宮殿も当時の傷跡はすっかり修復されて1981年には大規模な修復工事が行われました。残念ながら通常モネダ宮殿の内部に入ることは出来ませんが、朝10時から30分間行わ… 続きを読む



全てはここから。世界遺産リマ歴史地区の中心、アルマス広場

[2009/04/28] 原田慶子

アルマス広場の北側に鎮座する大統領府は、元はインカ帝国を滅ぼしたフランシスコ・ピサロの屋敷だったところ。ここでは毎日午前11:45から衛兵交代式が行われる。ぴったり息の合った…とはいかず、微妙に足の高さや歩幅がずれているのがペルーらしい。歴代大統領が深く関わってきたこの建物も、何度も増改築を繰り返し、公式に大統領府と公に定められたのは比較的最近で、1939年のことだ。大統領府の左側、クリーム色のネオコロニアル建築の建物はリマ市庁舎。この建物の裏側には、ツーリストインフォメーション・オフィスがある… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 衛兵交代式」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。