「観光、遺跡、人気」に関連する現地ガイド記事

「観光、遺跡、人気」に関連する現地ガイド記事

観光、遺跡、人気に関する現地ガイド記事を集めました。観光、遺跡、人気の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アクセス◎になったハガニアエリアでグアムの歴史に触れてみて

[2018/07/17] NEMO

グアムを訪れる多くの観光客の方達が宿泊するのがホテルが立ち並ぶタモンエリアだと思います。レストランやショッピングエリアが充実しているので、そこだけでもグアムを満喫することができるのですが、せっかくなら足を延ばして欲しいのがハガニアエリア。タモンエリアよりも色濃い海とグアムの歴史が残るエリアで、最近はかわいい雑貨屋さんやレストランが続々オープンしている注目のエリアです。今まではレンタカーで行かなくてはいけませんでしが、2016年より赤いシャトルバスのショッピングバスがハガニアエリアまで延伸! タモ… 続きを読む



マヤ遺跡も一緒に見られる!カリブ海沿いホテルゾーンに位置するカンクンのマヤ博物館

[2018/06/27] Yu Larraz

ビーチリゾートとして人気のメキシコ、カンクン。でもその魅力はカリブ海やショッピングだけではありません。せっかくユカタン半島、マヤの地に来たのですからマヤ文明に少しだけ触れてはいかがでしょうか?2012年に開館したカンクン・マヤ博物館(Museo Maya de Cancun)は観光客にとってはとてもアクセスのよいカリブ海沿いのホテルゾーンに位置しています。この博物館の特徴は1950年代に発見された建築物から成るマヤ遺跡のサイトと一緒になっていることです。 続きを読む



ローマ帝国の古代国境線リーメス・ザールブルク城砦で2000年前の歴史を体感

[2018/06/26] シュピッツナーゲル典子

ライン川沿線の街コブレンス周辺からドナウ河畔にある南部の古都レーゲンスブルク沿いまでの全長550キロメートルにわたるローマ時代の国境線「リーメス街道」。リーメスとは、ゲルマン民族や外敵の攻撃に対し、ライン川やマイン川周辺の肥沃な土地を有するローマ帝国を守るための国境防御施設で、要塞や防御柵、監視塔などを備えた城塞である。ラインラント・プファルツ州、ヘッセン州、バーデン・ヴュルテンベルク州、バイエルン州と4州にまたがるこの街道は、魅力的な都市や絵本に出てくるような美しい村、歴史上大変興味深い場所が… 続きを読む



バンコクで一番有名な水上マーケットへ行こう!

[2018/04/01] 根本聡子

バンコクにはいくつもの水上マーケットがありますが、なぜだと思いますか?それは遡ること150年ほど、タイが近代化を迎えようとしていた頃のお話です。街作りは周囲を運河で仕切り、島のような街をいくつも作るのが主流でした。そうすることで外敵の侵入を防いでいたと思われます。そうして運河を整備していく中で、人々の移動の足のメインとなったのが水上交通。自分たちの商品をボートに乗せ売りに歩くという手段が発達したのでした。そしてその人たちが住居に選んだのが交通の便がよい、つまり船に乗りやすい運河沿い。高床式の家を… 続きを読む



焼き物の里キヌア村

[2018/03/10] 原田慶子

ペルーは民芸品や工芸品の宝庫。中でも「ペルーにおけるフォークアートと民芸品の首都」と称されるのが、アンデスの街「Ayacucho(アヤクチョ)」だ。色鮮やかな刺繍を施した布製品や、箱庭祭壇ともいわれるレタブロ、アラバスターを使った石彫などが有名だが、焼き物も見逃せない。特にアヤクチョ郊外のキヌア村で作られる「CERAMICAS DE QUINUA(キヌア村の陶器)」は、ペルー国内でもつとに有名。アンデスらしい素朴なデザインと穏やかな色調が特徴で、カトリック由来のデザインから日用品まで幅広く、お土… 続きを読む


 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 観光、遺跡、人気」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。