「警察」に関連する現地ガイド記事

「警察」に関連する現地ガイド記事

警察に関する現地ガイド記事を集めました。警察の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

パリの警察博物館 Musee de la prefecture de police

[2018/05/17] 竹内真里

パリ5区といえば、カルティエラタン。ソルボンヌ大学やマクロン大統領も学んだアンリ4世高等学校など有名な学校が数多くある学生の街で、ヴォルテールやキュリー夫妻など偉人を祀るパンテオンやパリ植物園もあり、落ち着いた雰囲気です。警察博物館はそんな5区の警察署の中にあります。ここ数年のテロの影響で警戒態勢にあるため、入口前には銃を持った警察官が立っていて用件を聞いてきます。「ミュゼ(博物館)に来ました」と言って、荷物の中身を見せ、上着の前を開けて、危険物がないか確認後、中に通してもらえます。建物に入って… 続きを読む



元祖マカロンの味ここにあり! トルコのマカロン、是非お試しを!

[2018/03/15] オキシマ・ヒロミ

この店は1893年に竈Firiniのあるパン屋として創業した。店名は当時ベシクタシの警察署長で地域住民から尊敬されていた人物に因んでいる。100年以上も続く老舗の店だが、焼き菓子を作り始めたのは1983年から。アーモンド粉が主体のアジバーデンは19世紀のオスマン帝国時代に家庭で作られていた。ピスタチオを加えたものもあり、トルコの伝統菓子の一つに数えられている。クッキーのように固くなく、口の中でフワッととろけることから最近はイスタンブールっ子たちの間で“トルコのマカロン”と呼ばれている。アジバーデ… 続きを読む



ワイン好きにはたまらない! Salon des Vins ワイン見本市

[2018/01/30] 竹内真里

出店者数は1000を超えます。非常に混雑していますが、生産者名と酒蔵名、地域名が表示されたスタンドの看板が高い位置にあるので目に入りやすくわかりやすいです。会場ではリュック姿、ショッピングカートを引く人の姿が目立ちました。たくさん買うぞ! という意気込みが感じられます。一般の店で買うよりもこのイベントで生産者から購入するほうが安くお得なので、まとめ買いする人も。毎年、お気に入りの酒蔵から買い付けている人の声も聞こえました。会場にはワインだけでなく、フォアグラやソーセージ、熟成ハムなどの名産品を売… 続きを読む



大渓 街全体をリノベーション

[2017/11/20] まさこ

荒れ果てた日本家屋が、武道場一帯に点在していたが、原型を壊さずリノベーションを加えることで日本家屋が当時のように生まれ変わりました。まずは武道場から渡り廊下で隣の日本家屋に繋がり素晴らしい展示場に変身。そこから道路を挟んで外に出ると、小学校の校長先生の御宅が再現されています。 また武道場側に行くとこれもリノベーションしたい日本家屋で、漆器を展示している場所に行けます。そしてこれから、もっと手を入れて行く途中の警察官宿舎後などがみられます。このあたりが全部完成すると そこは、まるで昭和初期にタイム… 続きを読む


動物たちの楽園「コチャワシ動物保護園」

[2017/09/08] 原田慶子

ツアーの所要時間はおよそ3時間半。アルマス広場でガイドからクスコについての簡単なレクチャーを受けた後、2階建てオープンバスに乗って歴史地区を抜け、「聖なる谷」方面へと向かう。サクサイワマン遺跡やプカプカラ遺跡のそばを通るので、これらの名所を訪ねる時間がない人にはありがたい。出発から1時間半後、クスコから北西22kmの位置にある「コチャワシ動物保護園」に到着する。この素朴な施設は、ある家族が傷ついた動物を個人的に保護したことから始まったという。今ではその活動が認められ、ペルー政府や環境警察の協力の… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 警察」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。