「迫力、動物」に関連する現地ガイド記事

「迫力、動物」に関連する現地ガイド記事

迫力、動物に関する現地ガイド記事を集めました。迫力、動物の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

宝塚ファンにもお勧め、ベルリンのフリードリヒシュタットパラスト

[2016/02/20] 沖島博美

ベルリンの名所や名物は色々あるが、これほど伝統的でベルリンらしいものはそうそう無い。ミッテ地区にあるレヴュー劇場フリードリヒシュタットパラストだ。ダンスが好きな人なら、一度行ったら病みつきになってしまう。非常にダンスのレベルが高く、衣装も美しい。そして常に新しい企画のショーが楽しめる。最寄駅はSバーンのフリードリヒシュトラーセ。駅の前から北へ延びるフリードリヒ通りを5分ほど歩くと右手に劇場が見えてくる。1980年代、まだ東ドイツだった時代に建てられた建物なのに、外観は今に通じるモダンなもの。暗く… 続きを読む



シャモニ-界隈の麓で最高に美味しいフレンチと大絶景が堪能できるホテル

[2015/10/05] 風香

シャモニー界隈の麓から大絶景が堪能できる場所と言ったら、シャモニー中心街より約6km離れたレ・ズッシュ。日本のガイドブックには掲載されていないから、知らずに見過ごしてしまう方も多いでしょう。シャモニー界隈の宿泊者に貰えるゲストカ-ドを使えば、モンブラン・エキスプレスもシャモニー界隈の集落を網羅するバスも無料で乗れるから、エギュイユ・ディ・ミディへもメール・ドゥグラスへの玄関口になるモントンベール鉄道駅にも、もちろんグランド・モンテへのロープウェイ乗り場にも無料で行けるから、少し離れた集落に泊まっ… 続きを読む



チリで一番歴史のあるメトロポリタン動物園へ

[2015/07/18] 鰐部マリエ

さて、今回はサンティアゴの街のど真ん中に位置する、チリで一番歴史のあるメトロポリタン動物園のご紹介です。この動物園は以前ガイド記事でご紹介した「サンクリストバルの丘」の一部に作られており、4.8ヘクタールの壮大な敷地に約150種類約1,000頭もの動物達が飼育されています。元々1882年当時南米で経済的にとても豊かだったアルゼンチンのブエノスアイレスやメンドーサから電車に乗って、蛇やヒヒなど約70頭もの動物達がチリのサンティアゴにあるキンタ・ノルマル公園に連れてこられ、小さな動物園としてオープン… 続きを読む



子どももわくわくモスクワ観光

[2014/11/28] りんみゆき

子連れでモスクワ!?と思いがちですが、実は子どもにとって夢が溢れる街。地下深くにあるメトロの駅には銅像や絵がたくさんあり、地上に出るのにワクワクするくらい長いエスカレーターに乗ります。1990年に世界遺産登録されたクレムリンと赤の広場は走り回るのにいい場所で、その端にあるのはおとぎ話にでてくるお城のような聖ワーシリー大聖堂。プリンセスに憧れる女の子にとっては物語の主人公になった気分になれることでしょう。1時間ごとに行われるガードの交代は、ロボットのように動く動作に目が釘付け。夏は小川や噴水で地元… 続きを読む



一度は訪れてみたい、古代オリンピア考古学博物館

[2014/10/23] アリサンドラトゥー芳香

古代オリンピアの遺跡の正面に位置する、考古学博物館。遺跡から発見された、それは素晴らしい大理石の彫像や銅製の像、鎧兜、ガラス製品などが、驚くほどたくさん展示されています。博物館の中は真夏もエアコンが効いているので、遺跡見学で疲れた後でもゆったりと見学することができます。まず、古代オリンピアの遺跡を訪れたい方は、絶対に博物館を見学する時間を確保できるよう、スケジュールを組むことをお勧めします。ここを見て初めて、古代オリンピアの町の様子を想像することもできるので、遺跡を見る前に博物館に行くとよいかも… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 迫力、動物」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。