「野人時代」に関連する現地ガイド記事

「野人時代」に関連する現地ガイド記事

野人時代に関する現地ガイド記事を集めました。野人時代の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

「ゼロの焦点」の撮影地、富川ファンタスティックスタジオで映画のヒロインになる

[2009/11/27] 山崎裕子

嬉しいことに、この撮影所は一般の見学も可能で、今でも映画で見た路面電車や建物もそのまま存在しています。映画を見た人であれば「あ〜っ、ここだ!」と一目瞭然。映画の場面を回想しながらスタジオ内を散策すれば余韻も倍増するはずです。また、レトロな雰囲気はノスタルジー感も申し分ありません。半日もあればソウル市内からでも行けるので、一歩、撮影所に足を踏み入れればシネマの世界へトリップ、たちまちヒロインです!【関連情報】富川ファンタスティックスタジオ(野人時代セット場)住所:京畿道 富川市遠美区上洞529−2… 続きを読む



映画の舞台【ブラザーフッド】−ソウル郊外の映画村、ファンタスティック・スタジオ

[2009/08/05] 大塚ばつ丸

ここは現在、東映太秦映画村のような映画テーマパークとして一般に公開されている。もともとはテレビドラマ「野人時代」のために作られ、その後はこの「ブラザーフッド」をはじめ「力道山」「下流人生」「英雄時代」など、20世紀中盤の街並みを必要とするたくさんの映画、ドラマに使用されている。タクシーの運転手など地元の人には「ファンタスティック・スタジオ」という正式名称より「野人時代セット場=やいんしでぇ・せとぅじゃん」のほうがとおりが良い。 戦争が始まる前のおだやかな場面で出てくる路面電車は実際に動くように作… 続きを読む



韓国エンタメ好きはもちろん、そうでない人も必見!韓国版“三丁目の夕日”がここに…

[2008/07/10] 山崎裕子

ここを有名にしたのは「野人時代」というドラマで、80%以上のシーンがここで撮影されています。そのためか別名「野人時代セット場(ヤインシデセットジャン)」という呼び名もあり、「野人時代」と言えば最寄駅である松内(ソンネ)駅のタクシーの運転手さんにもすぐに分かってもらえるほど知名度のある場所です。今年10月2日〜11月2日まで行われる「2008年富川インターナショナル無形文化遺産エクスポ」の会場にも認定されているので、その時期に行かれる方はいつも以上に盛り上がれるはずですよ。【富川ファンタスティック… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 野人時代」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。