「鉄道」に関連する現地ガイド記事

「鉄道」に関連する現地ガイド記事

鉄道に関する現地ガイド記事を集めました。鉄道の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ペルー旅行の強い味方 クルス・デル・スール

[2017/03/30] 原田慶子

鉄道網が発達していないペルーでは、国内の移動手段といえば飛行機かバスが基本。しかし庶民にとって航空料金は高く、頻繁に利用するのは難しい。一方、ペルー運輸通信省許認可の長距離バス会社は、国際線を運行する12社を含め1838社がひしめき、無許可運行を加えればそれこそ星の数にも昇る。その中で最も信頼されているのが、「CRUZ DEL SUR(クルス・デル・スール)」社だ。国内29都市とアルゼンチン、チリ、エクアドル、コロンビアの4か国を結ぶ同社の強みは、何といってもその安全性。もちろん運行時間の正確さ… 続きを読む



「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台へ

[2017/03/29] バレンタ愛

マリアと子供たちが「ドレミの歌」を歌いながら上って行く時に載っているのがシャーフベルグ登山鉄道。車窓からはザルツカンマグートの山々とキレイな湖が見え、映画の世界だけではなく、オーストリアの素敵な景色が楽しめます。山頂にはレストラン、カフェ、ホテルもあり、ハイキングが出来るコースもあります。鉄道駅はヴォルフガング湖畔から出ていて湖をクルーズしたり、湖畔の街をお散歩したりと1日楽しめる素敵な場所になっています。ちなみにSt.Wolfgangにはオペレッタ「白馬亭にて」の舞台となった「Weissen … 続きを読む



完全に円形の城塞都市ネルトリンゲン

[2017/03/12] 沖島博美

アクセス:4月半ばから10月半ばまではフランクフルトから1日に1本ロマンティック街道を走るバスが出る。朝8時にフランクフルトを出発するとローテンブルクとディンケルスビュールに30〜40分ほど休憩しながら15時頃にネルトリンゲンに到着する。停留所は町の中心マルクト広場。鉄道ではドーナウェルトDonauwoerthから普通列車で約30分。鉄道駅は旧市街の近くにある。 続きを読む



世界の美しい小道28選に選ばれた宜蘭【太平山・見晴懐古歩道】を歩こう!

[2017/03/10] 中園 まりえ

【見晴懐古歩道】の入口に【昔日山地運材軌道】と書かれた石碑が立っています。この石碑にこそ、この歩道が美しいとされる理由が隠れているのです。実は、日本統治時代に太平山の木々を伐採した際、木材積み出し専用線として作られた鉄路が残っており、古い線路に沿ってトレッキングコースつまり【見晴懐古歩道】となったのです。朽ち果てた線路が苔生した姿で残っていて、歴史を肌で感じずにはいられません。ノスタルジックな歩道内には鉄路だけでなく、鉄道に用いられる古い分岐器なども残されているので、鉄道マニアにも堪らないスポッ… 続きを読む



アイゼナハ観光にお薦めのホテル、シュタイゲンベルガー・テューリンガーホーフ

[2017/02/16] 沖島博美

アイゼナハはマルティン・ルターゆかりの町としても知られている。ルターが15歳から18歳まで寄宿していた家は現在博物館になって公開されている。見どころが多いので、この町には是非泊まってゆっくり観光したい。交通にも観光にも便利なホテルを紹介しよう。アイゼナハの旧市街は鉄道駅から近いので、キャスター付きトランクなら徒歩でもOKだ。駅を降りたらまっすく延びるバーンホーフシュトラーセBahnhofstrasseを歩いてくるとかつての市門が見えてくる。門をくぐった所がカール広場で、市内観光はこの広場から始ま… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 鉄道」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。