「鍋」に関連する現地ガイド記事

「鍋」に関連する現地ガイド記事

鍋に関する現地ガイド記事を集めました。鍋の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

本場のラクレットが、スイスで1年中食べられるカジュアルレストラン「ラクレット・ファクトリー」

[2018/01/10] 岩澤里美

とかした薄切りチーズを蒸したポテトにかけて食べるラクレットは、スイスの冬の風物詩です。私の印象では、ラクレットは、もう1つの名物チーズフォンデュ以上に人気です。フォンデュは1つのお鍋に入れたチーズソースですが、ラクレットは風味が多様で選ぶ楽しみがあります。ラクレットは、最近は夏祭りのスタンドにも出ていたりして、夏場でも食べる人たちが多くなってきました。そんなラクレットが、季節を問わずに楽しめるレストランが2016年12月にチューリヒに登場しました。その名も「ラクレット・ファクトリー」という50席… 続きを読む



サンティアゴから日帰り旅行、個性豊かな焼き物が並ぶ小さな村

[2018/01/07] 鰐部マリエ

みなさんこんにちは。今回はまだまだ日本ではあまり知られていないサンティアゴから日帰り旅行で行ける個性的な焼き物の町「ポマイレ」を紹介したいと思います。ポマイレの陶器といえば、チリ料理のレストランに入ると必ずといっていいほど、ポマイレで作られた素焼きの陶器で料理が出てきます。それに各家庭にもポマイレの器や鍋や小鉢のようなものが揃っています。赤褐色の色合いの陶器は、大胆で素朴なチリの料理がよく似合います。以前からポマイレが気になっていた私でしたが、今回の記事を機会にサンティアゴからバスで約1時間で到… 続きを読む



インパクト大!大仏を拝みながら食す!?高雄の鍋レストラン「天水王月(テンシュエユエ)」

[2017/12/04] 中園 まりえ

同店では、台湾でよくある一人前の鍋メニューで注文します。お店の雰囲気からすると、一見高級そうなイメージですが、実は、鍋一人前オーダーで278元(約1000円)から。鍋と鍋の具(肉、野菜などの盛り合わせ)+ご飯OR麺類+卵+ドリンク+スムージーのセットなので、とってもリーズナブルです。一番人気は「寿喜焼(すき焼き)」。人気の秘密は、運ばれてきた時のインパクト!大きな綿菓子が鍋に浮かんでおり、その上からすき焼きのタレを注いで溶かしていきます。「綿あめ?」と驚く人もいると思いますが、すき焼きの甘さを綿… 続きを読む



中国伝統の蒸留酒「白酒」がテーマのバーが旧市街に誕生

[2017/11/22] 原口純子

世界の都市で蒸留酒ブームが高まっていますが、中国にも数千年の歴史を誇る蒸留酒があります。「白酒」(パイジュゥ)と呼ばれるもので、米、麦、コーリャン、など穀物を原材料に作るもので、作り手によって穀物の配合や発酵に使う微生物などが違い、数千にものぼる種類があるといわれています。各地に白酒メーカーがあり、北京の場合は牛欄山酒廠の「二鍋頭」酒が地酒としてよく飲まれています。中国に来たらぜひ味わってみたいお酒ですが、そんな旅行者にもぴったりな白酒がテーマのバーが誕生しています。 続きを読む



ヘルシンキを一望する眺めのいいレストラン(Sandro)

[2017/11/08] 靴家さちこ

ところで、北アフリカといえばあの、茶色いとんがり帽子のような形の陶器鍋、タジン鍋の料理が気になりますよね。メニューの真ん中にも「TAJINES, TAJINES, TAJINES」と太字で書かれていますので、どうぞ、お見逃しなく。ちなみに熱々のお鍋がそのままテーブルに運ばれて来るわけでは無く、調理済みのお料理は、タワスと呼ばれる独特の色鮮やかな大皿に盛られて登場します。フードスタイリストでもあるリチャードのセンスが活かされた、ヘルシーでおしゃれな盛り付けは、忘れずに撮影してソシャメで自慢してしま… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 鍋」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。