「霊廟」に関連する現地ガイド記事

「霊廟」に関連する現地ガイド記事

霊廟に関する現地ガイド記事を集めました。霊廟の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

バルセロナの守護聖人を祝う 冬まつり サンタ エウアリア祭

[2016/12/18] 鈴木美佐子

バルセロナの守護聖人サンタ・エウラィア(SANTA EULAIA)。290年にバルセロナに生まれ、ディオクレティアヌス帝時代に行われたキリスト教徒迫害によって、バルセロナで13歳の時に殉死しました。守護聖人としてバルセロナの多くの人に信仰され、バルセロナ市内には多くその名前を残しています。バルセロナの大聖堂に埋葬され、の正式名は「聖十字架と聖エウラリア大聖堂」といわれるように、カテドラルの主祭壇の下にある霊廟に安置されています。 続きを読む



ムンバイのユニークな霊廟ハジアリ

[2015/10/18] 鈴木千晶

ムンバイはインド西部にあるインドを代表する大都市。世界遺産もありますし、街全体の雰囲気も良くて、見所がたくさんある街です。数ある見所の中でも、一風変わった風景としてインド人の友人にすすめられたのがハジアリ霊廟というところ。霊廟とは宗教的な聖者を祀る場所ですが、霊廟ならデリーや他の場所にもたくさんあるんです。何がそんなに変わっているのかなと思っていたのですが、何とこのハジアリ霊廟、海の上にポカンと浮かんでいるのだそうです!? 続きを読む



ラテンアメリカ最古の公共墓地、プレスビテロ・マティアス・マエストロ

[2015/02/01] 原田慶子

20ヘクタールの広大な墓地には、ペルー歴代大統領や著名人たちが眠る美しい霊廟や記念碑が数多く建てられている。一方、一般市民用の墓はシンプルで無駄がなく、まるでカプセルホテルのよう。四角い建物に整然と設けられた横穴に棺を収め、入り口を漆喰で閉じるというスタイルだ。しかし、当時の人々は死者を教会以外の場所に埋葬することをよしとせず、この墓地が完成した後も教会の墓所やカタコンベを利用し続けたという。それまでにない埋葬方法に戸惑いを隠せなかったのだろうか、新墓地の利用者があまりに少なかったため、10数年… 続きを読む



古代遺跡に遭遇できる南東アナトリア

[2015/01/12] オキシマ・ヒロミ

 川辺には船着き場もあり、チグリス川を船で遊覧することができる。正確には、ここはチグリス川を堰き止めて作ったダム湖。南東アナトリアの農業生産工程管理手法計画によって川が堰き止められた。その際、いくつかの王の墓など古代遺跡の一部は水に沈んでしまった。水没を免れたアッシリア王の霊廟が前方に見える。15分という短いコースで船に乗り、霊廟近くまで行ってみた。岩を削って作られた霊廟はかなり朽ちてはいるものの荘厳だ。3000年前という途方もない年月が、少し判った様な気がした。アッシリア語で東のことを“アス”… 続きを読む



空中墳墓 レバッシュの霊廟

[2014/08/10] 原田慶子

ペルー北部、アンデス山脈の東側に位置するアマゾナス州の州都チャチャポヤス。ここは、あのインカ帝国に最後まで抵抗したチャチャポヤスの人々が暮らしていた場所だ。チャチャポヤス文化の遺跡としては、2013年3月8日にペルーガイド記事で紹介した「クエラップ遺跡」や、同6月17日掲載の「サルコファゴス・デ・カラヒア(カラヒアの石棺)」が有名だが、他にも彼らの住居跡や死者を祀った墓所がいくつも残されている。今回ご紹介する「MAUSOLEOS DE REVASH(レバッシュの霊廟)」もその一つ。断崖絶壁の裂け… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 霊廟」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。