「韓国、遊覧船」に関連する現地ガイド記事

「韓国、遊覧船」に関連する現地ガイド記事

韓国、遊覧船に関する現地ガイド記事を集めました。韓国、遊覧船の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

北欧目線でアジア文化にふれるチャンス

[2009/12/01] 田中ティナ

「スウェーデンでアジア文化? なぜ?」と思われるかもしれないけれど、北欧で日本の文化がどのように意識されているかを見るのは、自文化再認識のめったにないチャンスかも。博物館の常設エリアはとくに中国の古代史などの資料が充実している。展示物には1920年代にスウェーデンの考古学者が発掘した中国石器時代のものなどが含まれている。また、2010年には普段は使っていないギャラリーを公開して、秦の始皇帝陵は世界遺産にも指定されている兵馬俑(へいばよう)。焼き物の軍隊で有名だが、その展示も始まる予定。 続きを読む



いつもとは違うソウルの姿に新しい感動が味わえる漢江観光遊覧船に乗ってみよう

[2008/05/27] 山崎裕子

韓国の人にソウルの中で好きな場所を尋ねると、数人にひとりは必ず漢江(ハンガン)という答えが返ってきます。漢江とは約515mの川幅を持ち、北朝鮮の国境に近い臨津江(イムジンガン)と合流する韓国を代表する運河です。韓国の母なる川として愛されている漢江はソウル市民にとって貴重な水資源でもありますが、土手周辺は憩いの場所として春夏秋冬問わず多くの市民が集い、それぞれ思い思いの時間を過ごすことができるオアシスにもなっています。 続きを読む



映画の舞台【グエムル〜漢江の怪物】 ――クルーズを楽しもう

[2007/07/20] 大塚ばつ丸

映画【グエムル〜漢江の怪物】は去年韓国で公開され、観客動員記録を打ちたてた。ソウルを東西に流れるハンガン(漢江)に廃棄された劇薬が原因で誕生した怪物が現れて人を襲い、平凡な家族がこれに立ち向かうという物語。怪獣映画というよりも家族の絆を描いた作品として各国の映画祭で高い評価を受け、日本でもキネマ旬報の06年度外国映画部門第1位に輝いた。舞台がハンガンであるだけに、全てデザインの違うハンガンにかかった橋が楽しめる。映画のシーンを思い浮かべながらハンガンをクルーズしてみては……? 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 韓国、遊覧船」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。