「風車、オランダ」に関連する現地ガイド記事

「風車、オランダ」に関連する現地ガイド記事

風車、オランダに関する現地ガイド記事を集めました。風車、オランダの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

自転車大国オランダでサイクリングを楽しむ

[2017/05/16] テメル華代

オランダは世界屈指の自転車大国です。総人口1600万人に対して自転車の総数が1800万台と、国民一人当たりの自転車保有率は世界一と言われています。平坦な地形や温暖な気候、充実したインフラなど好条件のもとで、昔から自転車は人々の重要な移動・運搬手段として用いられてきました。九州ほどの大きさの国土に張り巡らされた自転車専用道路は35,000km(日本では3,000km)で、国民の半数が毎日の通勤・通学に自転車を利用しています。自転車専用の信号機や道路標識、ラウンドアバウトも整備され、街中に駐輪スタン… 続きを読む



オランダの国家遺産、19世紀の配水塔に泊まる!

[2017/04/14] テメル華代

オランダには歴史的・文化的価値のある建造物を保護する国家遺産(Rijksmonument)の制度があります。1954年に運用が始まり、城塞や宮殿、教会、風車など、その登録数は6万2千件にのぼります。皇太子妃雅子様が2006年にご静養されたヘット・ロー宮殿や、東京駅のモデルといわれるアムステルダム中央駅、レンブラントの家やアンネ・フランクの家も国家遺産です。レストランやショップなどの商業施設に改装された国家遺産では、建物の構造や内装に当時の面影を偲ぶことができます。今回は、宿泊できる国家遺産「ホテ… 続きを読む



アムステルダム郊外の風車村ザーンセスカンス

[2017/01/07] テメル華代

アムステルダムの北15kmにある、オランダでも有数の風車村ザーンセスカンス。ザーン川の畔に風車が立ち並び、牧歌的な風景が広がっています。ザーン地方の伝統的な木造家屋も保存され、なかには民家として使用されているものも。村全体が野外博物館になっていて、そこかしこに雑貨店やカフェ、工房や土産物店などがあり、一日中散策しても楽しみが尽きません。アムステルダム中央駅から電車で18分、バスで40分というアクセスの良さも魅力です。2015年には190万人を超える訪問者で賑わいました。 続きを読む



ロッテルダム西部の歴史地区。デルフスハーフェン

[2013/07/30] ミツフィ

オランダ第二の都市ロッテルダムは、現代建築が連立するモダンな街並みで有名な港湾都市です。第二次世界大戦の爆撃で壊滅的な被害を受けたため、戦後は現代建築が立ち並ぶ街へと生まれ変わったのです。しかしながら空襲から焼け残った地域や、由緒ある町並みが復元された地域もあり、情緒あふれるエリアも散策することが出来ます。代表的な地域がロッテルダム西部にあるデルフスハーフェン(Delfshaven)です。 続きを読む



オランダ名物の木靴文化を体感!ザーンセ・スカンスの木靴工房

[2013/02/22] ミツフィ

アムステルダムから電車で約20分のザーンセ・スカンスは、オランダのアンティークなカントリーライフが体感できる保存地区です。ここは 17、8世紀のオランダの伝統的な建造物や、お馴染みの風車が移築されており、博物館やショップ、レストランとして活用されています。ザーンセ・スカンスのお勧め施設は複数有りますが、今回は木靴工房を紹介したいと思います。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 風車、オランダ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。