「骨董」に関連する現地ガイド記事

「骨董」に関連する現地ガイド記事

骨董に関する現地ガイド記事を集めました。骨董の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アレッツォのヨーロッパ最大級のアンティーク市

[2016/08/11] 堂剛

町を歩いているとアンティークショップや家具の修復工房などを良く目にします。もしインテリアやアンティークに興味があったらぜひイタリアの骨董市に出かけてみてください。イタリア各地では毎週のように骨董市が開催されています。そこには使い込まれた美しい調度品のほか、ガラクタのような雑貨まで、様々なものが売られています。レストランやカフェを経営している人にとってはまさに宝の山。骨董市に足繁く通って、お店のインテリアに合う小物を少しずつ買い足していくのです。 続きを読む



モデルニスム建築と一緒に楽しみたい!バルセロナ・モデルニスム美術館

[2016/06/22] 鈴木美佐子

このバルセロナ・モデルニスム美術館(以下MMBCN)はパセオ・デ・グラシア駅から徒歩5分と観光にも便利な中心地に位置し、建物もENRIC SAGNIERによる20世紀のモデルニスム建築の中にあります。館内は短時間で見ることもできる広さでコンパクトにまとまっています。美術館はプライベートでもともと骨董商だった個人のコレクション。一階は家具などのコレクション、地下には絵画や彫刻やステンドグラスなど中心に展示されています。 続きを読む



昔のベトナムを壁画で再現「タイムビストロ」

[2016/06/16] 古川 悠紀

歩行者天国のグエンフエ通りには、最近新たなレストランが次々とオープン。その先駆者となるのが「タイムビストロ」。オーナーは南部出身で、かつてサイゴンと呼ばれた南ベトナムに愛着を持っているとのこと。そこで、同店ではサイゴンの時代を壁画にうつして紹介しています。2階は価値ある骨董品めいた家具をさりげなく配置しており、フランス統治時代に造られたサイゴン大教会などが壁に描かれています。ウォールアートで時代を表現するという新手のレストランは、現在ではベトナム人を中心に非常に人気です。 続きを読む



リマの骨董品店「ベルニサージュ・アルテ・イ・アンティグエダーデス」

[2016/01/25] 原田慶子

「アンティーク/骨董品」という響きに、魅力を感じる人は少なくないだろう。スペイン人が新大陸に到達する以前の「プレ・コロンビア時代」、スペイン統治による「植民地時代」、スペインから独立し現在に至る「共和国時代」と激動の歴史を持つペルーの骨董は、美の基準も時代ごとに異なり、興味深い。そんな価値ある品を集めたのが、骨董品店「VERNISSAGE ARTE Y ANTIGUEDADES(ベルニサージュ・アルテ・イ・アンティグエダーデス)」だ。19世紀のものが多いが、古代アンデス文明の品まで入荷することも… 続きを読む



ラトビア・首都リガのローカルに人気な隠れ家お洒落カフェ3選

[2015/10/10] Chiho Ozolina

世界遺産のリガの街には、中世の時代から残る建物が今日まで残されています。こちらのCafe Parunasim(パルナースィム)は13世紀からの歴史ある教会の廃墟となっていた一部を改修してできた新スポット!時代を感じる壁画、レンガの壁、木の柱はそのまま活かされ、そこに骨董品やイマドキな可愛いインテリアをミックスさせたお洒落カフェ!観光地の旧市街に密かに佇む隠れ家的立地なので、ぶらり街歩きに気軽に立ち寄れて、静かにのんびりくつろげます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 骨董」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。