「フランス、紅茶」に関連する現地ガイド記事

「フランス、紅茶」に関連する現地ガイド記事

フランス、紅茶に関する現地ガイド記事を集めました。フランス、紅茶の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オーストリア最古のカフェ、ザルツブルクのトマセリ

[2018/06/20] Hiromi Okishima

創業は1700年という、現存するものではオーストリアで最も古いカフェだ。ザルツブルク旧市街の中心広場、アルター・マルクトにある。オーストリアの古い伝統を今日まで受け継いでおり、ウィーン以外でこのようなカフェは珍しい。板張りの壁、レトロなシャンデリア、柱と柱の間の窪みに設けられた窓席、二階へ上がる階段の脇には木製バインダーに閉じられた新聞が吊り下がっている。その数ざっと30種類。給仕たちは皆、男性はタキシードに蝶ネクタイ、女性は揃いの黒いワンピースに真っ白なエプロン姿。ケーキはもちろん全て自家製。… 続きを読む



プラハのカフェ・スラヴィアで朝食を!

[2018/05/23] 岸 博美

宿泊ホテルのレストランで朝食を取るのはメリットが多い。移動に時間が掛からず、ビュッフェスタイルなら好きなものを好きなだけ食べることができる。以前はホテルの宿泊費が朝食込みで表示されていたが、最近は朝食抜きの値段で、朝食を別料金で表示するホテルが多くなった。その場合、朝食が10ユーロ以上であるなら散歩がてらにカフェの朝食を体験してみては如何?近い所が良いかもしれないが、この際、有名なカフェまで散歩してみよう。プラハのカフェならヴルタヴァ河畔のスラヴィアをお薦めしたい。1863年に建てられた貴族の館… 続きを読む



元祖マカロンの味ここにあり! トルコのマカロン、是非お試しを!

[2018/03/15] オキシマ・ヒロミ

マカロンといえばメレンゲとアーモンドパウダーでふわっと焼かれ、中に様々な味のクリームが入ったカラフルなもの。マカロンはイタリアが発祥の地で、16世紀にカトリーヌ・ド・メディチがフランス王アンリ二世の元へ嫁ぐときにマカロンを伝えたとされている。そのマカロンはフランス各地に伝わっていった。今日私たちに馴染みのカラフルなマカロンは20世紀前半のパリで発祥。洋菓子店ラデュレが2枚のマカロンの間にクリームなどフィリングを入れてサンドイッチ状にしたものを売り出したのが始まりだった。卵白に砂糖を加えて泡立てて… 続きを読む



花の都「ダラット」。ベトナムに西洋の町を見る

[2017/12/02] 古川 悠紀

ダラットはベトナムの中南部高原地帯。標高の高い山の麓にできた町は、かつてフランス統治時代にフランス軍によって開拓されたのがはじまりです。当時ベトナムに常駐していたフランス軍人の中には、ベトナムの南国の気候に合わなかったり、当時流行っていた疾病にかかってしまう人も多く、ダラットは彼らのための保養地としてつくられました。それゆえ、現在もダラットの中心市街地にはフランスヴィラの建物が並び、カトリック教会が背高くそびえていて、ベトナムに居ながらにして西洋の雰囲気に浸ることができます。 続きを読む



ナショナルトラスト管理のマナーハウスで英国庭園を愛で、アフタヌーンティーを頂く優雅な休日

[2017/08/15] マチルダ

英国では、寒い冬が明け、春や夏になると、太陽の光を求め、ピクニック、ドライブやハイキングに出かける人達をあちらこちらで見かけます。私もその一人で、天気の良い日には、車を飛ばし色々なところへ出かけます。そんな時、役に立つのがナショナルトラスト会員証です。英国のいたるところに点在したガーデンや自然、建物を保存、運営している団体がナショナルトラストです。年間パスは、約65ポンド程で、1年間無料で、団体の管理する施設の入場が無料の他、イベント等の冊子がもらえます。例えば、日本でも名の知れたハイドコートマ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 フランス、紅茶」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。