「17世紀、アメリカ」に関連する現地ガイド記事

「17世紀、アメリカ」に関連する現地ガイド記事

17世紀、アメリカに関する現地ガイド記事を集めました。17世紀、アメリカの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オランダ王室縁の白亜の美麗な建築。世界博物館

[2013/03/23] ミツフィ

ロッテルダムは高層ビルや斬新な現代建築など、モダンな街並みで有名なオランダ第二の都市です。しかし中心部から少々離れると、昔ながらの建築が残る瀟洒なエリアが点在します。エラスムス橋を臨むマース河沿いのハーバーも、昔ながらの建築が並ぶ風情あるエリアです。その界隈にある、白亜のエレガントな建築がひときわ私達の目を引きます。この貴族の豪邸のような美しい建築、実はロッテルダムの博物館群のうちの一つである、世界博物館(Wereldmuseum)なのです。 続きを読む



絶好の景色、立地で満足度の高い 高台に聳える古城ホテル 

[2012/10/14] Kei Okishima

ドイツに数ある古城ホテルの中で、大変評判の良い、利用した人の満足度が高いホテルを紹介しよう。ドイツ人から「父なるライン」と呼ばれている大河ラインの、オーバーヴェーゼルの高台に聳えるアウフ・シェーンブルク城だ。ライン下りの船は必ずオーバーヴェーゼルに停まる。鉄道ではフランクフルト中央駅から乗り換えなしで1時間15分ほど。町に公共交通はないので、船着き場からも鉄道駅からもタクシーでホテルの駐車場まで行く。大きな荷物があるときは駐車場までバギーが迎えに来る。客を乗せたバギーは堀に架かる橋を渡り、細い城… 続きを読む



タラソテラピーの発祥の地へ

[2012/03/24] 夏樹

タラソテラピーの日本語訳は海洋療法。19世紀にフランスで発明された医療法で、日本でいえば温泉の湯治にあたるようなものです。ミネラルが豊富な海岸の泥や海藻を使用するパック、海水でのジャクジーやプール、そして各種マッサージが、冬のストレス解消だけではなく、皮膚科系の医療としても効くことが実証されており、フランスでは、症状によっては健康保険で費用がまかなわれることもあります。そして、ブルターニュ地方、とくにサン・マロはタラソテラピー発祥の地として知られています。 続きを読む



待ちに待ったボストン美術館の東新館がオープン!

[2011/01/12] 内田よしえ

数年前からずっと工事中で、完成はまだかまだかと皆が首を長くして待ちわびていた東棟新館が、ようやく2010年11月にオープンしました! この新館は、イギリスの著名建築家ノーマン・フォスター氏が手がけたガラス張りの美しいモダンな建物。中央に建つ古典ヨーロッパ様式のクラシックな従来の建物とはまた違った雰囲気で、来館者の目を楽しませてくれています。アメリカン・ウィングと呼ばれる新館にはその名の通りアメリカ美術コレクションが展示されており、今まで以上の数のアメリカ美術を見ることが出来るようになりました。 続きを読む



サン・ミッシェル大通りを南に下ると?

[2010/06/30] 夏樹

セーヌ川からサン・ミッシェル大通りを南下したところにあるパリ天文台。ロプセルヴァトワール(l'observatoire)という名で親しまれているこの天文台は、RERーB線のポール・ロワイヤル駅(Port Royal)から徒歩5分。ルイ14世の時代1667年に、王立科学アカデミーの一環として創立されました。17世紀といえば、フランスの国際貿易と海上交通が一挙に発展した時代。アフリカやアメリカまでの航海に必要な海図を制作するために、この天文台も活躍しました。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 17世紀、アメリカ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。