「2軒目」に関連する現地ガイド記事

「2軒目」に関連する現地ガイド記事

2軒目に関する現地ガイド記事を集めました。2軒目の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

港を眺めながら優雅に楽しむヘルシンキの海の幸「フィンランディア・キャヴィア」

[2016/07/15] 靴家さちこ

フィンランディア・キャビアは、魚製品を幅広く取り扱うサヴ・カリ社が2014年に開業した2軒目の直営店。サヴ・カリ社は伝統的な魚のスモーク製品を中心に15年以上もの活動を続けており、同社の「魚の捕獲元情報がトレーサブル(=追跡可能)であること」へのこだわりは、キャビアにもしっかり受け継がれています。こちらのキャビアは、保冷剤付きで24時間持ち運びが可能なので、10時間飛行の直通便で帰れば、日本へのお土産にもできます。日本に置いてきた”大切な人”との再会の時を祝うのにも最適です! 続きを読む



ブダペストで体験できるトルコ的雰囲気のカフェ

[2016/06/23] Hiromi

ブダペストの目抜き通りであるアンドラーシ通り。デアーク・フェレンツ広場から始まり、2.3Km先の英雄広場まで続いている。ブダペスト随一の高級な通りで、両側には各国大使館や豪邸が並んでいる。英雄広場の手前左側、角から2軒目にちょっと変わったカフェがある。英雄広場を見学して一休みするのに良い場所だ。その店は一見、普通のカフェのようだが、入ってみるとトルコ風であることが判る。ミフラーブの形をした窓、窓に施されたチューリップ模様など、トルコ的モチーフがいっぱい。壁に掛かっている絵はイスタンブールのブルー… 続きを読む



タモンエリアにNEWオープン! 地ビールの種類豊富なダイニングバー

[2015/03/31] NEMO

このダイニングバーはカウンターとクラブフロアのほかに3階のテラス席という3フロア構成になっているのも魅力。2軒目ユースでカウンターでさっくり飲んで帰るもよし、フロアで踊るもよし、また天気のいい日はテラス席で海風を感じながら飲むこともできるので、気分に合わせて楽しめます。あいにく、私が訪れた日はまだオープンしたてでテラス席が開放されてなかったのですが、最近はテラス席が圧倒的人気なんだとか。テラス席はビルの屋上に位置するので、きっと開放感バツグンですよ! 続きを読む



フィレンツェのB級グルメ代表「ランプレドット」を食べてみよう!

[2015/03/13] 堂剛

フィレンツェで何軒ものランプレドットを食べ歩いた結果、この2軒がお勧め。最初は屋台の「ポッリーニ(POLLINI)」。屋台なので注文が多少難しいですが、フィレンツェで一番美味しいランプレドットが味わえます。値段も驚くほど安いです。2軒目は中央市場内にある「ネルボーネ(NERBONE)」。フィレンツェのモツ食堂で最も有名なお店で、12時を過ぎると長蛇の列ができます。長テーブル・長椅子も用意されているので、座って落ち着いて食事できますよ。中央市場を見学した時はここで食事するのも楽しいでしょう! 続きを読む



ヘリポートだった場所がオシャレなルーフトップバーに

[2014/11/19] 根本聡子

マリオットホテルがあるのはBTSトンロー駅からわずか徒歩2分という好立地! 多くのルーフトップバーがリバーサイドにあるため、駅から遠かったり、タクシーを使わずを得なかったりとアクセスに難ありだったため、この立地はかなり魅力です。さらにドレスコードがゆるく、サンダルやショートパンツでも入店できるのもポイント! もちろんあまりにだらしないカッコはNGですが、靴やドレスに悩むことなくフラリと立ち寄れるので、2軒目ユースにもピッタリです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 2軒目」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。