「A380」に関連する現地ガイド記事

「A380」に関連する現地ガイド記事

A380に関する現地ガイド記事を集めました。A380の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

「プレミアムエコノミークラス」新導入!シンガポール航空でシドニーへ!

[2015/04/13] 寺田直子

シンガポール航空に新たに「プレミアムエコノミークラス」が登場する。導入は2015年8月9日からで、まずはシンガポール〜シドニー線の一部限定フライトから開始。今後は導入予定のエアバスA350の20機も加え、A380の19機、777-300ER19機で先行導入。2015年後半から2016年初めにかけて東京、ロサンゼルス、デリー、ムンバイ、シドニー、オークランド、ロンドン、パリ、チューリッヒ、フランクフルト、ニューヨークなどの路線に段階的に導入される予定になっている。 続きを読む


エミレーツ航空、エアバスA380型機保有数が50機に到達で世界最多保有に

[2014/12/18] 寺田直子

エアバスA380型機は総二階建ての世界最大の座席量を誇る最新鋭メガ機。現在、エミレーツは5大陸27空港にA380を就航。その中のひとつドバイ〜ロサンゼルス線はエアバスA380が運航するルートとして世界最長の路線となっている。7月にはクウェートとムンバイ、9月にはフランクフルト、10月にはダラス、12月にはサンフランシスコとヒューストンがA380路線として加わり、2014年末までにはA380を使用した就航都市が33都市に増える予定になっている。なお、50機目となった機体をドイツからドバイへデリバリ… 続きを読む


大韓航空がエアバスA380の10号機目を導入!

[2014/12/14] 寺田直子

日本とソウルをつなぐだけでなく韓国経由でヨーロッパ、アメリカへと結ぶ大韓航空。今夏、「空飛ぶホテル」とも呼ばれる大型機材のエアバスA380 の10号機目を受領した。この機体で8月3日からソウル(仁川)〜アトランタ路線で運航を開始した。今後はさらに長距離路線のサービスを強化する計画で、現在A380はソウルからロサンゼルス(週14回)、ニューヨーク(週14回)、パリ(週7回)、アトランタ(週7回)で運航している。また、今年2014年10月27日からは運休していた秋田〜ソウル線を、来年2015年1月か… 続きを読む


躍進を続けるエティハド航空の勢いが止まらない!

[2014/08/12] 寺田直子

エティハド航空はボーイング787ドリームライナー、総2階建ての世界最大旅客機A380などを含む210機以上を確定発注し、さらに路線網およびサービス向上を極めていく計画を進めている。その中で注目されるのが、今年10月と12月に受領予定の初のボーイング787-9型機とエアバスA380型機。両機にはエティハド航空の最先端の新キャビンを搭載。ファーストクラスのラグジュアリーさに定評のあるエティハド航空だが、なんとA380には「ザ・レジデンス」と名付けられたダブルベッドルームにリビング、さらにシャワールー… 続きを読む


ロンドン線からスタート!シンガポール航空が次世代機内装備を発表!

[2013/10/04] 寺田直子

ビジネスクラスは現在、運航中のA380のスタイルを踏襲するものでデザインはどちらもジェームス・パーク・アソシエーツが担当。さまざまな顧客の意見を取り入れた結果、多くの新しい設備が加わった。シートは132度までリクライニングが可能、就寝時には業界最大幅となる長さ78インチ(約198センチ)のフルフラットベッドになる。加えてフィードバックに基づいて搭載されたのが「Lazy Z」「Sundeck」の2つのシーティングポジション。リラックスするのか仕事モードか好みのポジションを選んで快適に過ごすことがで… 続きを読む


 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 A380」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。