「b-boy系」に関連する現地ガイド記事

「b-boy系」に関連する現地ガイド記事

b-boy系に関する現地ガイド記事を集めました。b-boy系の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

メキシコの刺繍小物と織物が豊富に揃っているお店

[2017/04/10] 宮谷千英

メキシコの重要なルーツは先住民たちの文化である。62の先住民族が存在し、レベルの高いいろいろな民芸品を作っている。手先の器用なメキシコ人の刺繍は、丁寧でとても時間がかかっていてお値段も安い! オアハカ州のオアハカ村は昔ながらの製法で自然発色した糸を使用した織物を作っているし、イダルゴ州のテナンゴのオトミ族の刺繍は、2011年の春夏テーマにエルメスが選んだことでも有名である。メキシコはハンドクラフトの宝庫で、芸術品クラスのものからリーズナブルな雑貨まで、種類も豊富。 続きを読む



タイの高級シルク「ジムトンプソン」の名品をお手頃価格で♪

[2017/03/21] 根本聡子

旅先での悩み事でもあり、楽しみでもあるのがお土産選び。タイの定番のお土産といえば、お香やアロマオイルなどの癒し系や天然ハーブを使ったコスメ、種類豊富なドライフルーツなど色々ありますが、中でも人気なのがタイシルクです。色鮮やかでデザイン豊富、その上手触りバツグンなタイシルクはスカーフやネクタイを始め、ポーチやクッションカバーなどバリエーション豊かなので、性別や年齢を問わずお土産選びができるのが人気のヒミツです。今回はそのタイシルクの中でも有名な「ジムトンプソン」がお安く手に入るアウトレットショップ… 続きを読む



村全体が昔のまま保存された美しい村、レイコック村でゆったりした時間を過ごしてみよう

[2017/02/11] ディキンソン恵子

古き良きイギリスの面影をそのまま残したレイコック村は、コッツウォルズ地方から少し外れたウィルトシャー州のチッペナム近郊にあります。レイコック村は、歴史的建造物や自然保護を目的としたボランティア団体であるナショナル・トラストが管理運営していて、村全体が中世にタイムスリップしたような美しい町並みです。現代とわかるのは、家の外に駐車された車くらいで、その他家の外装などはすべて昔のまま。村には長い歴史を誇る修道院もあり、多くのテレビドラマや映画のロケにも利用されています。 続きを読む



メキシカンアートの代表格「アレブリへ(Alebrijes)」とは?

[2017/01/09] 宮谷千英

1930年代、張り子職人のペドロ・リナーレスが30才の時病気になり、生死の合間をさまよった。不思議な夢の中で見た奇妙な生き物たちと「アレブリへ〜」という声。回復後その動物達を再現しようと張り子で作り始め、それをアレブリへと名付けたのが現在のアレブリへアートの始まりだそうだ。その後1980年代後半、オアハカ州のサボテカ族の木彫り職人が彼のアレブリヘを参考にしてつくるようになり、1つのモチーフだったアレブリへは今やオアハカの木彫り民芸品全体をさす言葉になった。ペドロの3人の息子や孫たちは今も張り子で… 続きを読む



ベトナムメコンデルタ地方の大都市「カントー」のハイライト

[2017/01/01] 古川 悠紀

ホーチミンから遠距離バスで5時間強の時間をかけてメコンデルタの奥地へ。メコンデルタ地方の中心都市であるカントーは、バックパッカーに人気の観光地。少々遠いので、ツアーを催行している旅行会社はほとんどありませんが、寝台バスでノンストップで行くことができるので、ビギナー旅行者でも安心して向かうことができます。ホテルの数はそれほどありませんので、事前に予約しておくのがベター。1泊〜2泊の日程がおすすめです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 b-boy系」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。