「der-baecker-fischer」に関連する現地ガイド記事

「der-baecker-fischer」に関連する現地ガイド記事

der-baecker-fischerに関する現地ガイド記事を集めました。der-baecker-fischerの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

世界遺産の城でルターが新約聖書を翻訳した

[2017/04/21] 沖島博美

2017年はマルティン・ルターの宗教改革500年にあたり、世界各地で記念イベントが行われている。宗教に興味がない人でもルターの偉業は誰でも知っている。ドイツ旅行を計画するなら、今年は宗教改革500年に因んで是非、ルターゆかりの地を訪れてみよう。最もお薦めしたい見どころはアイゼナハのヴァルトブルク城だ。1999年に世界遺産に登録されている。この城はルターが新約聖書を初めてドイツ語に翻訳した場所として有名だが、13世紀にハンガリーから輿入れしてきたエリーザベト王妃の伝説や、それより前の12世紀に吟遊… 続きを読む



今年はクリスマスマーケットでスケートも楽しめる!市庁舎前のアイスリンクがクリスマスから登場!

[2017/01/15] バレンタ愛

オーストリアが一年で一番輝いている時期、それがクリスマス。ウィーンだけではなく各都市でたくさんのクリスマスマーケットが開催されますが、年々開催時期が早く、そして期間が長くなっています。街中にイルミネーションが設置され、お店やカフェのショーウィンドーもクリスマスの飾りでいっぱいになり、寒いけどワクワクするような雰囲気で街が包まれています。今年も市庁舎前(11月11日〜12月26日)、シェーンブルン宮殿(11月19日〜12月26日)、ベルベデーレ宮殿(11月18日〜12月26日)などウィーンの観光名… 続きを読む



グリム兄弟が過ごした館の中でメルヘンの世界に浸ろう

[2016/04/29] 沖島博美

グリム童話を世に出したグリム兄弟はフランクフルトに近いハーナウで生まれ、兄が6歳、弟が5歳のときにシュタイナウへ引っ越した。その後二人はマーブルク、カッセル、ゲッティンゲンに住み、最後は長くベルリンに住んで生涯を閉じる。学生時代に下宿していた家やカッセルの借家など残っている館もあるが、生家や終の棲家など殆どが大戦で焼け失せてしまった。幼年時代を過ごし、父親の突然の死まで住んでいたシュタイナウの館はグリム一家が最も幸せだった時代のもので、完全な状態で保存されている唯一のグリム兄弟の住居だ。この館は… 続きを読む


世界でただ一人とされる、女性の塔守

[2015/09/23] 沖島博美

ここはドイツ古城街道のハイライトのひとつ、ネッカー河畔の古都バート・ヴィンプフェンBad Wimpfen。中世には神聖ローマ皇帝が滞在する城があり、皇帝都市として栄えた。近世になると交通の不便さから近代化の波に乗れず、それが幸いしてこのように美しい町並みが残された。今ではドイツ古城街道の中でもとりわけ人気の高い町で、シーズンを問わず観光客が訪れている。皇帝の城は風雨にさらされて廃墟のようになってしまったが、礼拝堂のアーチや、危険が迫った時に皇帝が隠れる場所だった「赤の塔」など、一部は修復保存され… 続きを読む


1枚のチケットでいくつもの美術館を回れる特別な夜、2015年は10月3日開催

[2015/09/17] バレンタ愛

2015年で16回目を迎えるLange Nacht der Museen 「美術館の長い夜」と題されたイベントは2015年は10月3日に開催されます。このイベントは開催日の夜18時〜翌午前1時の間、オーストリア国内のたくさんの美術館、博物館、宮殿などに1枚のチケットで入れてしまうというすごいもの。2014年は国内700もの施設に計42万人が訪れた大きな大きなイベントです。具体的にどのように楽しめるか詳しく紹介していきます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 der-baecker-fischer」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。