「paper-ya」に関連する現地ガイド記事

「paper-ya」に関連する現地ガイド記事

paper-yaに関する現地ガイド記事を集めました。paper-yaの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

コペンハーゲンのオシャレな屋台村!期間限定営業中♪

[2016/01/06] MizukiPoulsen

2014年にコペンハーゲンにオープンしたCopenhagen Street Foodは、お手頃プライスで世界中の料理が楽しめる人気の屋台村です。場所はオペラハウスの横、王立劇場の向かいでアクセスも良し。Papiroeenという島にある海に面した古い倉庫に、38のインターナショナルでユニークなフードトラックが集まっています。デンマーク料理はもちろん、フランス、イタリア、キューバ、メキシコ、コロンビア、トルコ、韓国、中国、そして日本からのおいしい軽食が楽しめます。 続きを読む



チトワン・ソウラハ村の素顔をのーんびり楽しむ!こんな休日も、あり

[2014/08/26] 秡川かよ

カトマンズからバスで6時間ほど、インド国境近い中央ネパール・タライ平原に位置するチトワン国立公園。ベンガルトラやアジアゾウなどの希少動物が生息し、400種類以上の鳥類が住むこの公園では、エレファント・サファリやカヌーイング(川下り)、ジャングルの中をジープで回りながらのサファリ・ツアーなど、アトラクション盛りだくさん。そして宿をとるのも食事をするにも便利なソウラハ村は、国立公園のすぐ脇にあるのどかな村。そんなソウラハ村で時間に追われずのんびり過ごす1日を紹介します。 続きを読む



ネパールのお土産にオススメ!素朴な手漉きの紙製品の魅力を探してみよう!

[2013/12/15] 溝内美菜

ネパールを訪れた観光客の日本人の皆様から、よくお聞きすることは、おみやげどうしよう??との声。そうなんです。ネパールでは、会社の同僚の方にお渡しできるようなおしゃれなお菓子詰め合わせなどもなかなかないのが、現状です。女性には、おみやげはある程度、バラエティーがありますが、男性用となると、本当に難しいところです。そこで、このハンドメイドペーパーショップで、幅広い年代男女問わず、喜ばれるおみやげを探してみましょう! 続きを読む



ホットな新スポット「方家胡同」

[2011/07/21] 原口純子

北京では、ある1本の通りにカフェやショップが集まり、ホットスポットになる現象がありますが、いままさにそんな動きが起きているのが「方家胡同」です。「胡同」は中国語で「横丁」というう意味で、日本語風にいえば、「方家横丁」、この横丁に行くには、地下鉄5号線が便利で、「北新橋」駅の北西口からおり、北に200メートルほどすすむと、左側の横丁の入り口に「方家胡同」という標示がでています。入り口には、この胡同の歴史が簡単に記されています。なんと、700年も昔からある、歴史ある横丁だということが分かります。 続きを読む



欲しくなるようなセンスあるクラフトアートを展示「MAD」

[2010/02/15] ゆずれもん

2008年、コロンバスサークルの9階建てビルに、元クラフト美術館が移転し、「デザイン美術館(MAD)」として新たに誕生しました。ここでは紙・粘土、鉄、ガラス、テキスタイルなどの素材を使ったコンテンポラリーアートが展示されています。デザイン性の高い美術工芸品というとわかりやすいでしょうか。デザイン専門の美術館はそれほど大きくはありませんが、面白い作品が充実しています。立地は商業ビルのタイムワーナーセンターやセントラルパークの正面で、立ち寄るには絶好の場所です。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 paper-ya」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。