「アメリ、フランス、ロケ地」に関連する現地ガイド記事

「アメリ、フランス、ロケ地」に関連する現地ガイド記事

アメリ、フランス、ロケ地に関する現地ガイド記事を集めました。アメリ、フランス、ロケ地の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

20世紀初頭から映画監督たちをしびれさせたロケ地、サン・マルタン運河

[2009/05/22] 夏樹

マルセル・カルネ監督の代表作「北ホテル」(1938年)から、ジャン・ピエール・ジュネ監督の「アメリ」まで(2001年)、フランスの映画監督たちが好んでロケ地に選んだのが、このサン・マルタン運河。その魅力は、春になると咲き誇るマロニエの木陰が石畳の上に落とす陰影、アーチ型の鉄製歩道橋、そして船が来る度にゆっくり開く水門。電話もインターネットも忘れて、ひさしぶりにゆっくりと、時間が過ぎていくのを味わいたくなる場所です。 続きを読む



映画の舞台【RONIN】――ここで始まり、ここで締めくくられる、パリ下町のバー

[2008/06/17] 大塚ばつ丸

冷戦が終わって仕事を失った米ソはじめ各国の情報部員たちが謎の雇い主によって集められ中身のわからないブリーフケースを奪い取るというミッションに取り組む。途中で登場する老人が日本には「ローニン」と呼ばれるサムライ達がいて……という話を聞かせる。主を失ったサムライたち。主人公たちの境遇とも重なるこの映画のタイトルはそこから来ている。銃器、車の運転、電子工学などのスペシャリストたちの中で中心になるのはアメリカのロバート・デ・ニーロとフランスのジャン・レノ。裏切り者が続出して混沌とするストーリーの中で、こ… 続きを読む



美味しい焼き菓子を求めて パリ18区の名店アルノー・ラーエル

[2008/05/27] 田中知子

パリ18区はモンマルトルの丘で有名な観光地。映画『アメリ』の公開後はロケ地めぐりの観光客も増加し、知名度も飛躍的に上がり、このモンマルトル界隈の物件が急激に値上がりしました。そんな近年注目を浴びている18区に若手MOF(国家最優秀職人)のパティシエ アルノー・ラーエル氏の洗練されたショップがあります。モンマルトルの丘へお出掛けの際にはぜひもう少し足を伸ばして、こちらのパティスリー アルノー・ラーエルへお立ち寄り下さい。生菓子もさることながら、クッキーやパウンドケーキなどの焼き菓子の美味しさに感銘… 続きを読む



映画の舞台【アメリ】 ――飾らないパリを楽しもう

[2007/08/08] 大塚ばつ丸

フランス映画「アメリ」は日本で単館ロードショーの観客動員記録を作り、主演のオドレイ・トトゥを一躍スターにした。映画ファンの人気アンケートでもいつも上位に登場する。「アメリ」はパリの中でも、サクレクール寺院があることで有名なモンマルトル地区を中心に撮影が行なわれていて、映画に出てきた多くの店が実在する。最も有名なロケ地はアメリがウェイトレスとして働いている「カフェ・ド・ムーラン」という店。観光名所として有名なキャバレー、ムーラン・ルージュから北へわずか1ブロックのところにある。カウンター、タバコ売… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 アメリ、フランス、ロケ地」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。