「イギリス、フィッシュ&チップス」に関連する現地ガイド記事

「イギリス、フィッシュ&チップス」に関連する現地ガイド記事

イギリス、フィッシュ&チップスに関する現地ガイド記事を集めました。イギリス、フィッシュ&チップスの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オススメ!美味しいフィッシュ&チップス、フィッシュ・セントラル

[2012/01/16] ディキンソン恵子

ロンドン東部、オールド・ストリート周辺にあるフィッシュ&チップスのレストラン、フィッシュ・セントラル。フィッシュ&チップスの美味しさには定評があり、今までにも数々の賞を受賞する実力派です。新鮮な食材が溢れるバラ・マーケットから仕入れている魚の鮮度はお墨付き。フィッシュ&チップスのお店というより、フィッシュ・レストランという方が近いフィッシュ・セントラルで、美味しいフィッシュ&チップスを食べてみよう! 続きを読む



晴れた日はハーバーのデッキで絶品シーフードを

[2010/03/20] 西澤律子

1849年、イギリスの植民地になり、時の女王の名をとって名付けられたビクトリア。カナダでありながら、英国の情緒漂うこの街を訪れたら、ぜひ味わってほしいのがフィッシュ&チップス。そのフィッシュ&チップスの人気の店が、ビクトリアの中心部、インナーハーバーにあるのです。輸送用のコンテナーを再利用したというこのお店には、晴れた日のランチタイムともなれば、長い行列ができ、シーフードをほおばるたくさんの人々でにぎわいます。 続きを読む



イギリスの伝統食!フィッシュ&チップスの食し方

[2008/01/21] ディキンソン恵子

イギリスの代名詞としても通用するくらいのフィッシュ&チップス。「チッピー」というのがその愛称。こんなに有名ならば長い歴史があるのかと思いきや、そうでもないんです。フィッシュ&チップスという料理が発展したのではなく、揚げた魚料理はロンドン周辺で、日本でいうフライドポテトを指すチップスはイングランド北部で、と別々に発展していきました。そしてフィッシュ&チップスとして融合し、庶民の間で食べ始められたのが19世紀後半なのだというから驚きです。 続きを読む



バラ・マーケットでイギリスの食材マーケットを楽しもう!

[2007/10/23] ディキンソン恵子

バラ・マーケットの歴史は長く、ローマ帝国が最初のロンドン橋を造った頃には、もう初期のマーケットが存在したと言われています。そしてSouthwark Cathedral(サザーク大聖堂)のすぐお隣にマーケットが場所を移ってからは、250年が経っているのです。もちろん鉄道ができる前からバラ・マーケットは存在していたわけで、このロンドン・ブリッジ駅のすぐ隣という立地条件の良さは、バラ・マーケットがあったから駅ができたのでは、と疑うほど。現在も「ロンドンの食料貯蔵室」と呼ばれるほどの食材マーケットとして… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 イギリス、フィッシュ&チップス」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。