「イタリア式、庭園」に関連する現地ガイド記事

「イタリア式、庭園」に関連する現地ガイド記事

イタリア式、庭園に関する現地ガイド記事を集めました。イタリア式、庭園の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ヴェルサイユ宮殿に負けぬと造られた圧巻!の「カゼルタ王宮」

[2015/05/23] 木場しのぶ

一度は行ってみたい大規模な宮殿って、世界中に幾つもありますよね。王宮だったり貴族の館だったり。イタリアだって教会だけじゃありません(笑)、この国に50ある世界遺産のうちの3つは実は“王宮”なんです。現在イタリアに国王はいませんから“王宮”という響きはしっくりこないかもしれませんが、その昔13世紀より半島南部はスペイン王国直轄のナポリ王国が支配しており、ナポリの王宮の他、その北東36kmのカゼルタにも王宮が建てられました。ちなみにもう一つは、2006年冬のオリンピック開催地・トリノに残る、1861… 続きを読む


噴き出す水、飛び出す水 階段の滝で楽しむ水のショー

[2010/09/17] Kei Okishima

午後2時30分。山頂に造られた噴水からいきなり水が噴き出す。それは小さな池に溜まり、溢れ出て階段へ流れていく。見る見るうちに下へ下へと流れ落ちて途中の池を満たす。ここでは池の両側に半馬人の像が立ち、手にした角笛からボ〜〜ッ、ボ〜〜ッという大きな音を奏でる。水圧を利用して音が出る仕組みになっており、この音はなんと6キロ以上も離れた町中まで聞こえるという。半馬人の池が満水になると、また下の階段へと水が流れていく。階段を流れる水は意外とゆっくりなので脇に造られた歩行用階段で人は十分水の流れについて行く… 続きを読む



イタリア式古典庭園の最高傑作といわれる、美しく広大な「ボーボリ庭園」

[2009/05/14] 木場しのぶ

教会や美術館に広場や橋、というのが通常のフィレンツェ観光のメインですが、もうひとつ忘れてはならないスポットが『ボーボリ庭園(ジャルディーノ・ディ・ボーボリ)』。中世の建築物や芸術と、“庭園”というのは結びつきにくいかもしれませんが、この庭園こそルネサンスの都にふさわしい芸術性溢れる庭園なのです。それはアルノ川の南側、ヴェッキオ橋から100mほどのところにあるピッティ宮殿に付属する庭園です。ピッティ宮殿はメディチ家の住まいだったわけですから、そう聞くと「すばらしそうだ」と思えてくるでしょう!? 続きを読む



迫力満点!鬼の口の中で「はい、チーズ」。楽しすぎるぞ怪物公園!

[2008/12/04] 堂剛

イタリアの中部、ウンブリア州にある小さな町「ボマルツォ」に、世界でも有数の奇妙な公園があります。それが「怪物公園 Parco dei Mostri」です。その不気味さ、奇妙さは写真を見ると一目瞭然、怖い形相の彫刻、傾いた建物、伝説の動物、戦う巨人などが広い敷地に点在していて、訪問する人たちを驚かせるのです。日本の安土桃山時代に作られたこの公園の意図はなんなのでしょう? その不気味で不思議な公園を楽しんできました。 続きを読む



美しいイタリア庭園でエビちゃんを探しませんか?

[2007/12/21] 堂剛

ローマとオルヴィエートの中間に位置するヴィテルボの近くに、イタリアでも有数の庭園があります。それが「ヴィラ・ランテ(Villa lante)」です。16世紀にヴィテルボの司教の別荘として建設され、枢機卿から枢機卿へと所有者を変えながら完成に至りました。イタリアでは昔からゆったりと余暇を過ごすために、町から少し離れた自然のなかに別荘を構えるのがステータスとされてきました。山の傾斜を利用し、噴水やテラスを上手に配置し、自然の景観を損なうことなく芸術家たちは腕を振るったのです。この「ヴィラ・ランテ」は… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 イタリア式、庭園」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。