「インド、イスラム教」に関連する現地ガイド記事

「インド、イスラム教」に関連する現地ガイド記事

インド、イスラム教に関する現地ガイド記事を集めました。インド、イスラム教の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

これから本番のフェスティブシーズンを夏服で迎えよう

[2013/11/07] 葛西玲子

これから年末に向けて、日本は寒さが厳しくなり冬本番を迎えます。ここシンガポールは、年中高温多湿の熱帯気候ですが、年末から年明けにかけてが一番過ごしやすい季節になります。そしてシンガポールの街並みが一層華やかになり、お祭りムードに彩られるのもこの季節です。 毎年、年の後半にはハリラヤ、ディパバリというイスラム教、ヒンズー教それぞれが新年を迎え、マレー文化が結集するカンポングラム地域、インド人街のリトルインディアは、趣向を凝らしたライトアップで賑やかに縁どられ、新年を祝う人々で溢れかえります。 続きを読む



古い歴史の残る町アーメダバードへ

[2012/11/24] 鈴木千晶

アーメダバードは、インド西部にあるグジャラート州にある都市。工業が盛んで人口も多く、インドの中でも8大都市に数えられる大きな町です。インドの中でも最も現代的で発展している町の一つであるアーメダバードですが、その歴史は古く1411年にアーメド・シャーによって建設されました。その後長くイスラム王朝によって栄えたので、市内にはたくさんのイスラム建築物の見どころがあります。今回はモダンな雰囲気の中に古い歴史を感じる町、アーメダバードの魅力をお伝えします。 続きを読む



デリーの信仰の場、ニザームッディーン廟

[2012/10/18] 鈴木千晶

デリーの中央部にニザームッディーンというエリアがあります。鉄道駅もありにぎわっているこのエリアは、イスラム教の聖者であったニザームッディーン・アウリヤーのダルガー(聖者廟)があるところとして有名。ニザームッディーンと言うここの地名も、聖者ニザームッディーンからつけられています。ニザームッディーン廟の付近はイスラム教徒の多い下町と言う感じ。迷路のような路地が続く古い街並みと、参拝に訪れる巡礼者の熱気で独特の雰囲気が漂っているディープなエリアです。 続きを読む



インドの北東部はこんなところ!メガーラヤ州のシロン

[2012/09/09] 鈴木千晶

インドの北東部には7つの州があって、北インドや南インドとはまるで違う雰囲気を持つエリア。言語や民族はモンゴロイド系で、インドというよりも東南アジアのような文化が広がっています。北東部7州の中でも特に発展しているのがメガーラヤ州。メガーラヤ州の州都シロンはイギリス植民地時代から避暑地として開発された所で、今ではインド人観光客が避暑に訪れる観光地となっています。今回は、植民地時代の名残であるコロニアル風な街並みと東南アジアのような雰囲気がミックスした、ちょっと不思議な町シロンをご紹介いたします。 続きを読む



古都オルチャでブンデラ王国の遺跡をめぐる

[2012/07/03] 鈴木千晶

オルチャという町をご存じですか?オルチャはインド中心部にあるマッディヤ・プラデーシュ州にある小さな町。ここは16世紀から18世紀にかけて栄えたブンデラ王国の都だった所で、そのため当時の宮殿や寺院が今でも遺跡として残っています。オルチャは、町というよりも村と呼んだ方がいいような小さくてのんびりとした所。町の中心にはべトワ川と呼ばれるゆるやかな川も流れています。あまり有名ではないオルチャですが、実は自然と遺跡の調和がとても美しい、見ごたえ満点のおすすめ観光地なのです! 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 インド、イスラム教」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。