「カンボジア、カジノ」に関連する現地ガイド記事

「カンボジア、カジノ」に関連する現地ガイド記事

カンボジア、カジノに関する現地ガイド記事を集めました。カンボジア、カジノの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アジア有数のカジノ大国カンボジアで熱いひとときを過ごしてみませんか?

[2008/04/10] 井伊 誠

カジノのある海外の都市というと、日本のカジノファンの方々にとっては、ラスベガスやマカオなどがよく知られていると思いますが、実はこちらカンボジアにもカジノがあるんです。しかもその数は24!(2007年2月現在)と、数の上ではアジアのなかでマカオに次ぐカジノ大国と言えます。そのなかでも、タイと国境を接するバンテアイミエンチェイ州の町ポイペトにはゴールデンクラウンリゾート、グランドダイヤモンドシティー、ホリデイパレスリゾート&カジノといった多くのカジノが集まり、「カンボジアのラスベガス」と形容されるこ… 続きを読む



タイのバンコクから陸路でアンコールワットを目指す旅に出よう!

[2008/04/03] 井伊 誠

世界的に名の知られたカンボジアのアンコールワット。毎年、その偉大な宗教建築を一目見ようと、世界各地から多数の観光客がアンコールワット観光の拠点となる町シェムリアプを訪れます。シェムリアプ州には国際空港があり、バンコクやベトナムのホーチミン市、韓国のソウルなどと空路で結ばれているため、多くの人々は飛行機で入国することでしょう。空からの入国では、上空からアンコール時代に貯水池として利用された西バライなどが見えるなど、飛行機の旅ならではの味わいも感じられますが、もうひとつ、日本からシェムリアプを訪れる… 続きを読む



カンボジア現代史の舞台となったフランス植民時時代の避暑地―ボーコー国立公園

[2007/12/25] 井伊 誠

カンボジアで観光といえば、なんといっても真っ先に思いつくのが前回ご紹介したアンコール遺跡群だと思いますが、ほかにもカンボジアの歴史と自然を肌で感じることができる興味深い場所があります。そのひとつが、カンボジア南部のカンポート州に位置するボーコー国立公園(面積約14万ヘクタール)です。カンボジア最大の保護区のひとつに数えられるボーコー国立公園は、かつて世界遺産の候補にもなったことがある自然豊かなところで、原生林に覆われたドムレイ山脈の南部に位置します。ここでは38種の希少な植物、249種の鳥類、ト… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 カンボジア、カジノ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。