「ケルン、カーニバル」に関連する現地ガイド記事

「ケルン、カーニバル」に関連する現地ガイド記事

ケルン、カーニバルに関する現地ガイド記事を集めました。ケルン、カーニバルの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

町全体が大仮装パーティー会場 寒さもストレスも一気に吹き飛ぶケルンのカーニバル

[2009/12/25] Kei Okishima

町中ビールの匂いが充満する珍しい一週間。それは2月のカーニバルである。寒さも吹き飛ぶこの行事。ドイツのカーニバルが有名なのはカトリック教徒の多いライン川の町やバイエルンだ。その中でどこか一つと言われれば、断然お勧めなのがケルンのカーニバルである。実はケルンのカーニバルは毎年11月11日、11時11分から始まっている。その後クリスマスに向けて一旦静まり、年明けから再び盛り上がりはじめる。そして最後の一週間は町中がお祭り騒ぎになるのだ。 続きを読む



2009年こそケルンへ!ポイントを押さえて現地人と一緒にカーニバルを満喫しよう

[2009/01/16] Kei Okishima

チョコレートやお菓子が山車からばら撒かれ、派手な衣装を身につけて騒ぎまくるケルンのカーニバル。この町が一年で一番盛り上がる時期だ。2009年のカーニバルは2月19日の木曜日から始まる。この日はケルンのホイマルクトという広場に10時ごろから人々が集まり、11時11分になると毎年市民から選ばれるカーニバルの王子が祭りの始まりを告げる。その合図を封切に町中が夜通し盛り上がる。 続きを読む



ネクタイ切りからお菓子投げまで盛りだくさん ケルンのカーニバル

[2008/01/10] Kei Okishima

「アラーフ!」という言葉がそこら中で聞こえる新年。カーニバル中はケルンではこう挨拶する。実は年が明ける前の11月からカーニバルの騒ぎは始まる。12月に入ってクリスマスの時期へと突入すると一旦その勢いは減るが年が明けるとさらに勢いが増し、どこへ行ってもカーニバルの歌が聞こえてくる。そしてケルンのデパートの中は仮装道具で一杯になり、町中陽気な雰囲気が漂い始めるのだ。ケルンの名物といえば、権力の象徴「王子」、市民の象徴「農夫」、そして美しさの象徴「乙女」が選ばれることである。これは市民の中から選ばれる… 続きを読む



寒い冬をぶち壊す、冬最大のお祭り ファッシングとカーニバル

[2007/12/25] Kei Okishima

クリスマス、大晦日と華やかな行事を終えたドイツでは、いよいよ寒さも本格化し、静まりかえった町を人々は足早に通り過ぎていく。そんな冬をぶち壊すかのように行われる大イベントがある。それはカーニバル(謝肉祭)。南ドイツではこれを「ファッシング」と呼び、ライン河畔では「カーニバル」と呼んでいる。ドイツの中でファッシングやカーニバルが有名な地域はミュンヘン、シュヴァルツヴァルト、そしてケルンである。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ケルン、カーニバル」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。