「コロニアル風」に関連する現地ガイド記事

「コロニアル風」に関連する現地ガイド記事

コロニアル風に関する現地ガイド記事を集めました。コロニアル風の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

リニューアルされたプレコロンビア芸術博物館へ行ってみよう

[2016/02/01] 鰐部マリエ

そんな近年リニューアルしたばかりのこの博物館は、天井が高く広い空間を贅沢に使ったオシャレな展示方法が魅力です。またコロニアル風の建物の中には、カラフルな色で施されたキッズルームや、カフェテリアがあり、博物館を見学した後ゆっくりと子供と遊んで、コーヒーを飲みながらのんびりと時間を過ごすこともできます。サンティアゴの旧市街のど真ん中に位置するプレコロンビア博物館で、珍しい貴重な展示品が並ぶアメリカ大陸の原住民族の歴史を学んでみませんか。 続きを読む



ムンバイのシンボル、インド門へ!

[2013/06/03] 鈴木千晶

ムンバイはインド西部にあるマハラーシュトラ州の州都であり、インド最大の都市でもあります。ムンバイはもともとはポルトガル、そしてその後はイギリスに統治されていた歴史があり、1995年まではボンベイと呼ばれていました。ムンバイの魅力は、イギリスの植民地時代の名残を強く残すコロニアル風の街並みと、大都市ならではのエネルギッシュさ。歴史的建造物などの見どころもたくさんあります。たくさんの見どころの中から今回はムンバイの象徴ともいえるインド門をご紹介します。 続きを読む



インドの北東部はこんなところ!メガーラヤ州のシロン

[2012/09/09] 鈴木千晶

インドの北東部には7つの州があって、北インドや南インドとはまるで違う雰囲気を持つエリア。言語や民族はモンゴロイド系で、インドというよりも東南アジアのような文化が広がっています。北東部7州の中でも特に発展しているのがメガーラヤ州。メガーラヤ州の州都シロンはイギリス植民地時代から避暑地として開発された所で、今ではインド人観光客が避暑に訪れる観光地となっています。今回は、植民地時代の名残であるコロニアル風な街並みと東南アジアのような雰囲気がミックスした、ちょっと不思議な町シロンをご紹介いたします。 続きを読む



レトロ&コロニアル風のおしゃれなレストランで、ゆったりブランチを

[2012/03/28] 田尾蓮果

サヌールのバイパス沿いにある「ラ・タルティン」は、白いコロニアル風の建物の中にレトロなインテリアがおしゃれなレストラン。一見雑然とした中にもセンスの光る店内は、ウッディなぬくもり感とともに居心地の良さを演出している。この店の裏、同じ敷地内には同じテイストのホテル「プリ・テンポエドロエ」やスパ、ホットヨガのヨガスタジオもあるため、宿泊客やスパなどのゲストにもよく利用されているのだとか。もちろん、このレストランの味を楽しみに訪れるファンも多い。店内の雰囲気ばかりか、スタッフもとても感じが良いので、つ… 続きを読む



三方にカリブ海が広がるイルカと泳げるリゾート、ドリームス・カンクン

[2010/02/04] 古関千恵子

このイルカ体験ができるドリームス・カンクンは、メキシコの著名な建築家リカルド・レゴレッタがデザインを担当。379の客室はメキシコ・モダン様式で、大理石やコロニアル風モザイクが取り入れられています。食費などが含まれているオールインクルーシブ制なので出費を気にすることなく滞在でき、ミニバーも無制限に利用可能! コンプリメンタリー・グリーンフィー・チケットで隣接するゴルフクラブを無料で利用でき、キッズプログラムも多彩に用意されています。ファミリーで利用するにも、おすすめのリゾートです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 コロニアル風」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。