「シュタイナウ城」に関連する現地ガイド記事

「シュタイナウ城」に関連する現地ガイド記事

シュタイナウ城に関する現地ガイド記事を集めました。シュタイナウ城の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

グリム兄弟が過ごした館の中でメルヘンの世界に浸ろう

[2016/04/29] 沖島博美

シュタイナウは中世で、フランクフルトとライプツィヒを結ぶ重要な商業ルートの間にあり「街道沿いのシュタイナウ」と呼ばれていた。この名称は今も変わっておらず、シュタイナウの正式名称はシュタイナウ・アン・デァ・シュトラーセで、鉄道駅名はSteinau(Strase)となっている。駅から町までは徒歩で10分ほど。緩やかな坂を下っていくと、グリム兄弟通りに出る。ここが中心通りで、両側に民家広がっている楕円形のような町だ。通りの中ほど右手のマルクト広場には市庁舎や教会、ツーリストインフォメーション、マリオネ… 続きを読む


2013年のヨーロッパ旅行はドイツ・メルヘン街道へ

[2013/01/23] Kei Okishima

グリム兄弟は子どものときにハーナウから、東のシュタイナウという町に引っ越した。小さな町なので戦災に遭わず、一家が過ごした館がそのまま残ってグリム博物館になっている。現存する唯一のグリム一家の館で、外観は2人が過ごしていた頃と全く変わっていない。直ぐ近くのシュタイナウ城の中にもグリム記念室が設けられている。その城の厩を改造してマリオネット劇場を営んでいるのがマーガーズッペという家族。座長は3代目のマリオで、創設以来グリム童話の人形劇に家族全員で取り組んでいる。子供の観客が多いため、舞台の上にミニ舞… 続きを読む



グリム童話の故郷を訪ねる グリム兄弟が幼年時代を過ごした牧歌的な町

[2009/09/30] Kei Okishima

シュタイナウは「グリム兄弟通り」の両側にレストランや店が並んでいるだけで、まるで村のようだが1290年かられっきとした町である。それを証すかのように、中心部に大きな城がある。13世紀末にハーナウ方伯の居城として建てられたシュタイナウ城である。16世紀に改築されて今日のルネサンス様式の姿になった。それでも城を取り巻く深い堀やべルクフリートと呼ばれる高い塔などがそのまま残され、中世の面影を伝えてくれる。現在、城はプライベートな部分もあるが敷地内にはいつでも無料で入ることができる。城内は一部が「城博物… 続きを読む



城の馬小屋を改造し劇場に! 歴史あるマリオネット劇場でグリム童話を楽しむ

[2009/07/24] Kei Okishima

ドイツ中部の町ハーナウから北部のブレーメンまでを結ぶ全長およそ600Kmのメルヘン街道には、可愛らしい木組みの家が並び、物語の中に入り込んだような世界が広がっている。グリム童話を生みだしたグリム兄弟にまつわる町が並ぶこの街道。出発起点とされるハーナウは、グリム兄弟が生まれた町。二人は1785年と86年に年子で生まれ、兄が6歳の時にハーナウの東にあるシュタイナウという小さな町に引っ越した。二人はこの町で幼年時代を過ごしている。今日、この町には可愛らしいマリオネットでグリム童話を鑑賞できる劇場 があ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 シュタイナウ城」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。