「チョコレート、ブリュッセル」に関連する現地ガイド記事

「チョコレート、ブリュッセル」に関連する現地ガイド記事

チョコレート、ブリュッセルに関する現地ガイド記事を集めました。チョコレート、ブリュッセルの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

水の都ブルージュを散策

[2016/02/28] りんみゆき

ブリュッセルから電車で約一時間でブルージュ到着。12歳以下は無料です。ブルージュは小さな町なので、自転車を借りたら隅から隅まで行けてしまいます。自転車レンタルは駅前やインフォメーションの近くにあります。自転車を利用する人が多いので大きな道路の端にも自転車専用レーンがあり、子連れでも安心。子ども用自転車のレンタルもあります。小路に入る前には、自転車が通っていいかの標識を確認します。風車の横を通ったり、跳ね橋を渡ったりと中心地よりも外の部分を自転車観光するのがおすすめです。 続きを読む



甘い香りに包まれた中世の街ブリュッセル

[2016/01/28] りんみゆき

ブリュッセル駅で降りると、チョコレートとワッフルとお花の甘い香りに歓迎されて思わず笑顔。ベルギーの有名人、「小便小僧」(マネキンピスManneken Pis)は駅から石畳を歩いて約10分の距離。お土産やさんもこの辺りにたくさん並んでいます。人だかりができているのですぐにわかりますが、びっくりするほど小さくてかわいい像。もともとここは水汲み場として使われていました。「小僧」に対抗して、あるバーのオーナーが人集めのために作った少女版の像(ジャンネケピスJeanneke Pis)も少し離れたところにあ… 続きを読む



「レオニダス」のチョコはギリシャ人菓子職人の味

[2008/12/01] アリサンドラトゥー芳香

ギリシャ人には、外国で有名になった人々がたくさんいます。今回紹介するのも、そんな一人。アメリカへ移住したギリシャ人の菓子職人、レオニダス・ケステキディス氏です。1913年にベルギーで万国博覧会が行われ、このレオニダスさんはギリシャ代表として出品したチョコレートで金賞を受賞したのです。ベルギーはチョコで有名な国ですが、その首都ブリュッセルに第1号店を開いて出発しました。レオニダス氏の甥バジル氏が継いでからは、作りたてのフレッシュなチョコレートをショーウィンドーに並べる方式で成功して、行列ができる人… 続きを読む



週末はこれで決まり!ブリュッセルをまるごと一日30ユーロ以下で大満喫!

[2008/07/14] 内田由香

今回は、ブリュッセルの週末(特に日曜日)を格安で楽しめる観光ルートをご提案します! 食事とワッフルとビール、観光を含めて、なんと30ユーロ以下で十分楽しめてしまいます! では早速参りましょう!まずは日曜日の場合、メトロで南駅のマルシェへ。チケットは一日券(4.2ユーロ)を自動券売機で買いましょう。3回乗ると元が取れて、なおかつ土日祝日は1枚で2人分! 南駅では市最大規模のマルシェが毎日曜オープン! フルーツやパンで朝食を済ませ、ついでにランチ分も調達しちゃえます(合わせて4ユーロ程度)。(日曜じ… 続きを読む



郊外まで行く価値あり!美しい公園に佇むフォロン・ミュージアムで絵本の中の世界へ!

[2008/06/26] 内田由香

今回は、私がベルギーで一番好きな場所を紹介します! それは現代アーティスト、ジャン・ミシェル・フォロン氏が生前自ら創設した「フォロン・ミュージアム(Fondation Folon)」です。彼を知る人も知らない人も、ぜひ訪れて欲しいその美術館は、ブリュッセルの郊外の美しいユルプ(Hulpe)という場所のソルベイ公園の敷地内にあります。美術館の周辺も中もまるで夢の国のよう! 一度でも訪れたら、きっとエイビーロード読者の皆さんの心に残る場所になるでしょう。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 チョコレート、ブリュッセル」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。