「ディエゴリベラ」に関連する現地ガイド記事

「ディエゴリベラ」に関連する現地ガイド記事

ディエゴリベラに関する現地ガイド記事を集めました。ディエゴリベラの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

フリーダとディエゴの作品がいっぱいのドローレス・オルメド美術館は庭園の美しい荘園館

[2009/10/27] しなのゆめみ

フリーダ・カーロ好きの人だったら、フリーダ博物館と同様に絶対外せない美術館 ドローレス・オルメド・パティニョ美術館。今世界的に人気のフリーダの作品が一番多い美術館である。壊れた背骨、サルとソロイツクィントゥレ犬と一緒の自画像、ヘンリー・フォード病院、ちょっとの刺し傷、乗り合いバス、仮面、アリシア・ガランの肖像画 etcのフリーダの代表的な重要な作品が一同に見られる。フリーダファンはメキシコシティに来たら絶対に行くべきである。満足度100%である。 続きを読む



メキシコの市場の中に埋もれているイサム 野口の立体壁画を訪ねよう!

[2009/09/30] しなのゆめみ

彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家、舞台芸術家と多彩な才能の日系アメリカ人イサム 野口の作品がメキシコにある。壁画の国で、イサム 野口も彫刻壁画を製作した事はあまり知られていないが、また観光で訪れる人もほとんどいないが、芸術好き、壁画好きの人は、ここも見逃せない穴場。それは「メキシコの歴史」という彫刻家の技量を発揮した立体壁画である。力強いダイナミックな壁画は、やはりメキシコの画家達に通じるものがあるであろう。 続きを読む



ディエゴ・リベラの隠れた壁画の名画がチャピンゴ農業大学に!

[2009/05/14] しなのゆめみ

メキシコの壁画の巨匠、リベラの作品は色んなところでみる事ができる。ほとんど観光客が見る壁画は、メキシコシティの国立宮殿の壁画くらいだろう。だが、リベラの作品が気になる人は、ちょっと遠出でもこの壁画を是非見て欲しい。今は大学総長事務局兼博物館となっているが、17世紀の荘園の礼拝堂であった歴史的建物。当時の革命政府が昔の荘園を農業大学にし、時の文部大臣の要請で、ヨーロッパ帰りのリベラが、農業をテーマにその礼拝堂だった建物に描いた作品。それは、建物の壁や天井一面に隙間なく描かれていて、見る人を圧倒する… 続きを読む



大学都市と呼ばれるメキシコ国立自治大学。建築家と芸術家たちの作品は必見!

[2008/07/31] しなのゆめみ

大学都市と呼ばれる広い敷地全体は730ヘクタール。その中心部の約25%の176.5ヘクタールの50以上の建物を含めた地区が2007年世界遺産となる。この世界遺産になった中心地区を散歩がてら歩いて回り、また、もう少し時間の余裕があったら、大学都市内を走っている無料バスに乗って学生気分になるのはいかが? ここは、30万人以上の学生の都市であるが、緑の木々や芝生の広い校内に、広大な壁画、巨大な彫刻のオブジェ、各学部や研究所の建物もそれぞれ、建築家の力量の表現と言え、大変興味深い。 続きを読む



美術館に路上アート、メキシコシティは芸術品の宝庫!メキシカンアートにどっぷり浸かる旅

[2008/06/13] 小目奈々緒

メキシコシティには、大小様々の美術館・博物館が充実している。例えば、チャプルテペック公園内には近代美術館、国立人類学博物館、ルフィーノ・タマヨ博物館・国立歴史博物館(チャプルテペック城内)があるし、公園内以外にも、シケイロス美術館、国立美術館、ディエゴ・リベラ壁画館、フリーダ・カーロ博物館、ソウヤマ美術館、カリージョ・ヒル美術館等々、書き上げたら切りがないほど。しかも芸術作品は建物の中だけでは収まらない。目抜き通り沿いや小さな公園内にも、ちょっと変わった現代アート作品が飾られており、行き交う人々… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ディエゴリベラ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。