「パンテオン」に関連する現地ガイド記事

「パンテオン」に関連する現地ガイド記事

パンテオンに関する現地ガイド記事を集めました。パンテオンの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ローマにも美味しいレストランを発見。トラットリア・ダ・ジルド

[2014/05/10] 堂剛

イタリアの首都ローマにはたくさんの見どころがあります。コロッセオやフォロロマーノなどの古代遺跡、カトリック総本山のサン・ピエトロ寺院とヴァチカン博物館、トレヴィの泉やパンテオン、美しい教会群と名作の集まる美術館・・・。しかしながら、イタリア旅行のもう一つの魅力「美味しい食事」についてはローマは今ひとつです。何しろ世界中から旅行者が集まるため、レストランは味よりも値段やスピードを重視、サービスの質も悪いです。ローマのレストランにふらっと立ち寄って、その不味さに落胆した人も多いと思います。 続きを読む



あの小説の舞台になったハメーンリンナに行ってみよう

[2013/10/20] Yumi

中世は1639年に制定された都市ハメーリンナは赤レンガで造られたハメ城、緑豊かなアウランコ自然保護区、そしてフィンランドを代表する作曲家シベリウス生誕の地として知られています。最近では村上春樹の小説の舞台にもなったことでその町の名前を耳にした方も多いのではないでしょうか。町の中心にあるの北のリトル・パンテオンとも呼ばれるローマのパンテオンをモデルにして設計されたハメーリンナ教会とマーケット広場から小さいながらも歴史と美しい自然の魅力あるれるハメーリンナを歩いてみませんか? 続きを読む



こどもとローマの休日

[2012/06/24] りんみゆき

ローマの街中でいくつか自転車レンタルをできる場所は見かけましたが、via del corsoのLargo D Lombardi近辺のレンタルで子どもも一緒に乗れる4人乗りと6人乗りの貸し自転車を発見。1時間10ユーロで、借りる時に免許証を預けるだけでOK。どこを走ってもいいとのことなので、メインストリートでもあるVia del Corsoをひたすら漕ぐとピアッツァ・デル・ポポロやパンテオンなども回れます。停めることができないので、観光地巡りの手段としては不向き。 続きを読む



カルチエラタンの中心にある、偉人の殿堂パンテオン

[2010/01/25] 夏樹

この街がパリと呼ばれるようになるのは4世紀のこと。それ以前、リュテースという名で呼ばれていたころから、現在パンテオンがある場所は、街の中心でした。ローマ帝国支配下では、市場や集会所、政治や司法のとりおこなわれる場でもあったフォラムが、ここにありました。その後、5世紀になると、パリはアッチラ率いるフン族に襲撃されますが、そのときにパリを守り抜いた聖女ジュヌヴィエーヴにちなみ、現在のパンテオン界隈は、聖女ジュヌヴィエーヴの丘と呼ばれるようになりました。 続きを読む



ローマの必見ポイント、ベルニーニの傑作「四大河の噴水」は見るものを圧倒します!

[2010/01/20] 堂剛

■ナヴォーナ広場への行き方ローマ旧市街のすこし西寄り。トレビの泉から西に向かって徒歩10分。パンテオン神殿からも西へ徒歩4分程度。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 パンテオン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。