「フランス、パッサージュ」に関連する現地ガイド記事

「フランス、パッサージュ」に関連する現地ガイド記事

フランス、パッサージュに関する現地ガイド記事を集めました。フランス、パッサージュの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

パレ・ロワイヤルからギャラリー・ヴィヴィアンヌ

[2010/03/21] 夏樹

パレ・ロワイヤルは、ルイ13世の宰相リシュリューが自分の住居として購入した館があった場所。死後は王家に遺贈され、当時5歳だった王子ルイ14世が移り住んだことからパレ・ロワイヤル(日本語では王宮)と呼ばれるようになりました。その後、オルレアン公爵家に譲られるようになると、庶民も庭園内を散歩することが許され、一階の部分を商人たちに貸し出すようになりました。今は、文化省があるほか、高級ブティックやキャフェが軒を並べています。 続きを読む



町に13も存在するパサージュ 雨の日も楽々お買いもの

[2010/03/06] Kei Okishima

パサージュとは元々はフランス語で通路や小路のことだが、現在はガラスの屋根の付いたアーケードの総称になっている。主に19世紀にパリでさかんに造られ、一階は商店街で上階は住居になっていた。建物の間を抜けて行くパサージュはヨーロッパ各地でも造られたが、20世紀になると衰退していった。この忘れ去られていたパサージュをモダンな形で復活させたのがハンブルクである。1970年代から計画が練られた。そして80年代初頭にハンゼ・フィアテル(ハンザ地区)という名前のパサージュが、いかにもハンブルクらしい赤レンガの建… 続きを読む



伝説のマルセイユ石鹸を買うならここ

[2009/10/12] 夏樹

マルセイユで生まれ育ったクリスティンヌさんが石鹸専門店ドゥ・マルセイユ ・エ・ダイヤール「…de Marseille et d'ailleurs」を開いたのは3年前。南仏の香りが、有名なパッサージュ・デュ・グランセールPassage du Grand-Cerfに漂います。身体を洗うだけではなく、洋服のシミとりなど、フランスの家庭で大活躍しているこの石鹸。水で少しだけ汚れたところを濡らして、乾いたままのマルセイユ石鹸でこすると、たいていのシミはなくなります。 続きを読む



グランブルヴァールのパッサージュめぐり

[2009/08/20] 夏樹

パッサージというのはガラスの天井で覆われた商店街のこと。 ナポレオンのエジプト遠征に同行したフランス人建築家たちが、カイロ市のスーク(屋内市場)の活気ある光景に印象づけられ、それにヒントを得て作りました。19世紀初頭には、モザイク模様の床に、ガラス張りで天井から光が入り込み、ブティックの大きなショーウィンドーが並ぶパッサージュが、パリ市内には30本もあったということ。おもに、コメディフランセーズ付近からモンマルトル通りあたりに集中していました。 続きを読む



パリのブランチ食べ歩き。休日の優雅なひと時を!

[2008/05/20] 田中知子

近頃、パリではブランチメニューの人気が急上昇中です。メニューにブランチという表記も見かけるほど。以前はアフタヌーンティーが人気でしたが、食事もスイーツもフルーツもジュースもカフェも…といった欲張りなセットメニューが魅力的なブランチが近年パリジェンヌの心を掴んでいます。パリのブランチガイドブックも販売されているほど。フランス語が得意な方なら、このガイドブック片手にブランチ食べ歩きなんていかがでしょう? 地域別になっているので、目的地の近場で気軽にブランチを楽しむことが出来ます。本屋さんの地図売り場… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 フランス、パッサージュ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。