「ペルー、土産」に関連する現地ガイド記事

「ペルー、土産」に関連する現地ガイド記事

ペルー、土産に関する現地ガイド記事を集めました。ペルー、土産の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

リマの骨董品店「ベルニサージュ・アルテ・イ・アンティグエダーデス」

[2016/01/25] 原田慶子

「アンティーク/骨董品」という響きに、魅力を感じる人は少なくないだろう。スペイン人が新大陸に到達する以前の「プレ・コロンビア時代」、スペイン統治による「植民地時代」、スペインから独立し現在に至る「共和国時代」と激動の歴史を持つペルーの骨董は、美の基準も時代ごとに異なり、興味深い。そんな価値ある品を集めたのが、骨董品店「VERNISSAGE ARTE Y ANTIGUEDADES(ベルニサージュ・アルテ・イ・アンティグエダーデス)」だ。19世紀のものが多いが、古代アンデス文明の品まで入荷することも… 続きを読む



南半球の夏はこれから!ペルーのオススメビーチ一覧

[2014/12/29] 原田慶子

日本の3.4倍もの国土を持つペルー。太平洋に面した海岸線は、総延長3080km(ペルー国防省調べ)にも及ぶ。そんなペルーには魅力的な浜辺がたくさんあり、夏はバカンスを楽しむ人々で大いに賑わう。また、ペルーは知る人ぞ知るサーフィンのメッカ。国際大会も頻繁に開催されており、何人ものペルー人プロサーファーが世界中で活躍している。ただのんびりと甲羅干しをするもよし、積極的にマリンスポーツを楽しむもよし。漁師や土産物屋など、地元の人々との触れ合いもいい思い出になるだろう。今回はペルーでオススメのビーチをい… 続きを読む



呪術師にも会えるチクラヨのメルカド・モデロ

[2014/10/27] 原田慶子

旅先での楽しみに、市場巡りを挙げる人は多いのではないだろうか。最近では近代的なスーパーマーケットが地方都市にまで進出しているペルーだが、伝統的市場は未だ健在。生鮮食品から日用雑貨、衣料品や食堂まで併設しているところが多く、その町の物価や人々の暮らしぶりを垣間見ることができる。人と人との距離が近く、ちょっとした言葉のやり取りも楽しい。そんな旅行者を惹きつけてやまないメルカド(市場)の中で、数々のガイドブックにも紹介されているのがチクラヨにある「MERCADO MODELO(メルカド・モデロ)」だ。… 続きを読む



リマ発日帰りツアー 太陽がいっぱいのルナワナへ!後編

[2014/10/11] 原田慶子

「LUNAHUANA(ルナワナ)」で美味しいペルー料理を堪能した後は、地元のワイナリーへ。ルナワナの中心部から約1.5kmのところにある「REYNA DE LUNAHUANA(レイーナ・デ・ルナワナ)」は、1863年創業の老舗ワイナリー。カニエテの煌く太陽を浴びたブドウを惜しみなく使い、数種類のピスコとワインを製造している。敷地内には、粘土で作られた素焼きの壺「ボティハ・デ・アルシージャ」や銅製の蒸留窯が置かれ、古き良き時代を彷彿とさせている。試飲もさせてくれるので、お気に入りの1本を探してみよ… 続きを読む



銀製品はメキシコ人の高い技術・豊富なデザイン・産地ならではの価格が魅力

[2014/07/16] 宮谷千英

現在知られている最古の銀製品は紀元前3000年前のもので、メソポタミア、カッパドキア、トロイア、フェニキア等のシュメール人の埋葬遺跡で発見された。中世ヨーロッパの時代には、銀がヒ素などの毒物に反応して色が変化する為、貴族・王族の間では銀食器を用いたり、クレテンザ(信用)というシルバーナイフで肉を切って安全を証明したりしていたらしい。中国でも同じ理由で銀の箸が使われていたという。日本へ伝来したのは紀元前100年頃。体に優しいイオンを与え、入れたものを腐りにくくし、減菌・抗菌作用のある銀はまた、色が… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ペルー、土産」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。