「メキシコ、修道院」に関連する現地ガイド記事

「メキシコ、修道院」に関連する現地ガイド記事

メキシコ、修道院に関する現地ガイド記事を集めました。メキシコ、修道院の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

メキシコ特産「タラベラ焼き」は、心まで明るくなるメキシコ色

[2015/07/20] 宮谷千英

タラベラ焼きの始まりはスペインのマジョリカ島の「マジョリカ焼き」が起源らしい。その技術を、スペインのカスティーリャ・ラ・マンチャ州トレド県タラベラ・デ・ラ・レイナ市の陶芸職人たちが習得したのが始まりとされている。そして1521年にスペインがメキシコを征服した後、スペイン人修道士が故郷と同じように修道院や教会をタラベラ焼きのタイル聖像などで飾りたいと、タラベラからメキシコのプエブラ職人を呼び寄せて、タラベラ焼きの技術を教えたと言われている。そしてアステカ時代から陶器の産地でもあったプエブラの伝統的… 続きを読む



ダブリン市民に身近な峡谷と遺跡:グレンダーロッホ

[2013/06/23] 池内優嗣

グレンダーロッホは「2つの湖のある峡谷」という意味のゲール語で、ダブリンからは車で1時間ほど南に行った所にあるウィックロウの国立公園にある美しい峡谷です。日帰りで行けるため地元のアイリッシュギターはもちろん、観光客にも人気のスポットです。氷河に削られてできた峡谷と2つの湖はとても美しく、それを見て回ることができるウォーキングコースが難易度別に複数用意されています。また、6世紀に作られた修道院の遺跡群も大きな見どころです。 続きを読む



メキシコ第二の聖母オコトゥラン聖母はウルトラバロックの祭壇に祭られている

[2010/02/04] しなのゆめみ

メキシコの奇跡の聖母はグアダルーペだけではない。メキシコで一番小さな州トラスカラ州の州都小さな盆地の町トラスカラ市の中心地から坂道を歩いても20分ほどの丘の上にあるオコトゥラン教会の聖母である。その奇跡とは1541年、(グアダルーペ聖母の奇跡は1531年である)ファン ディエゴが病人のために水を運んで丘を歩いていると、聖母が現われて、ついておいでと言われ彼女について行くと、今まで何度もそこを通っても決してなかった泉がそこに湧いていた。聖母は「この水を汲んでいきなさい。病人はそれで治るでしょう」と… 続きを読む



世界遺産とカーニバルの両方を楽しめる町に、是非この時期に行こう!

[2010/01/21] しなのゆめみ

メキシコシティから一日で行ける世界遺産「ポポカテペトル山麓にある16世紀初頭の14の修道院跡」のある田舎町モレロス州のテポソトゥラン(Tepoztlan)や、プエブラ州のウエホツィンゴ(Huejotzingo)のカーニバルは、他の地区のカーニバルと一味違う独特の衣装で踊る祭りで、それは、昔の先住民の伝統や歴史の意味が込められたものである。田舎の村のカーニバルも世界遺産の修道院跡も見れて両得で楽しんでこよう。 続きを読む



「生命の木」の町メテペックでメキシコらしい陶芸品のお買い物!

[2009/12/09] しなのゆめみ

メキシコシティからバスで2時間、車だと、1時間半で、メキシコ州のメテペックの町に着く。メテペックはメキシコの民芸の一つ「生命の木」の陶芸品の産地である。その陶工の技術は2200年以上の伝統工芸である。人類学博物館に展示されている宗教儀式に使われた香炉などに見られるように実に細かい沢山のピースを組み合わせ、一つの大物を作り上げる。「生命の木」は、スペインの侵略と同時に入り込んだカトリックの宗教思想を取り入れ表現したものである。だが、宗教思想だけでなく、色んなものがある、それは、製作者のピース一つ一… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 メキシコ、修道院」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。