「モンゴル、サイン」に関連する現地ガイド記事

「モンゴル、サイン」に関連する現地ガイド記事

モンゴル、サインに関する現地ガイド記事を集めました。モンゴル、サインの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

いい日旅立ち 国内鉄道寝台列車でのんびり行こう

[2009/08/25] 山本ちかだるま

初めてモンゴルを訪れたのは、ちょうどモンゴル国初の多党制による国会議員の総選挙の投票日、1990年7月29日正午のことでした。随分昔のことなのに、どうして鮮明に覚えているか、というと、北京からの「特急」で31時間かけてウランバートル駅に到着したからです。20年近く前から現在に至るまで、「モンゴル時間」といわれるほど、何もかもがルーズなこの国で比較的規則正しく運行している交通機関「モンゴル鉄道」。モンゴルらしいのんびり一人旅を楽しめるお勧めの鉄道の旅をご紹介しましょう。 続きを読む



大地パワーが全身にビビビッ!砂漠のシャンバラで不思議体験

[2008/09/11] 山本ちかだるま

首都・ウランバートルから南東へ約400km余りにあるモンゴル人の間で大ブレイク中の聖地「シャンバラ」。真っ赤に焼けた大地に定められた現世で訪れることができる仏教の理想郷「シャンバラ」はゴビの大僧院「ハマリンヒード」から10kmほど離れた場所にあります。このパワースポットは「知る人ぞ知る」荒野のパワースポットでしたが、21世紀になってから、「理想郷」の名にふさわしく仏塔で囲まれた名所となりました。地球から吹き出るエネルギーパワーを車で10時間、オフロードで揺られながら、体験しに行きました。 続きを読む



砂漠の哲人・天才僧侶が築いたハマリンヒードでリフレッシュ!

[2008/09/05] 山本ちかだるま

ゴビ砂漠東部の中心・サインシャンドから南に約40kmにあるハマリンヒード僧院は夏の週末には400-500人ものモンゴル人来訪者があるという大人気名所。19世紀初頭の天才僧侶ダンザンラブジャーがゴビ砂漠に仏教普及のために創った僧院です。共産主義による仏教弾圧で壊滅状態に陥りましたが、’90年代後半から復旧作業が進められ、現在では実際に活動しているゴビ地方有数の寺院です。毎日運行している国内列車でサインシャンドにたどり着けば、地元の運転手が案内してくれるのでアクセスも簡単です。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 モンゴル、サイン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。