「モンゴル、伝統楽器」に関連する現地ガイド記事

「モンゴル、伝統楽器」に関連する現地ガイド記事

モンゴル、伝統楽器に関する現地ガイド記事を集めました。モンゴル、伝統楽器の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ここは遊牧民の国! モンゴルお土産事情

[2008/02/05] かばおやじーにょ

情報量が少ないモンゴル。お土産品のお薦めは?と訊ねられても答に困ってしまった事を思い出します。でもここは遊牧民の国。日本で流行しているカシミアセーターの羊毛原産国は元を正せばモンゴルかもしれません。事実、中国人が原料を大量に買い込んでいます。ラクダの毛もかなり暖かい。以前レポートしたムートン製品も多多。フェルト製品は小物から衣料品まで揃います。布地に描かれる伝統デザインは美しく衣装も魅力的。ツァータンのブーツは可愛らしい。乳製品、チャガ……意外や意外、ここは土産天国かもしれませんね! 続きを読む



モンゴル伝統芸能への誘い…思う存分、旅を堪能する

[2007/12/19] かばおやじーにょ

ブルガリアンボイスを初めて耳にした時の衝撃。踊子を陶酔させ、カホン、手拍子との掛合いに叫ぶフラメンコ。路上芸能で人々を魅了し震撼させるロマの声。ヌスラット・ファテ・アリハーンに代表される幻想的イスラム音楽カッワーリ。そしてモンゴルにも、大陸に根ざす魂声と呼ぶべき共通の迫力、説得力を持つ音楽、長唄オルティン・ドーが存在します。また、軽快なリズムで心を躍らす歌唱ボギン・ドーがあります。個性が光る伝統舞踊があります。今回は魅力溢れるモンゴルの伝統芸能にスポットを当ててみたいと思います。 続きを読む



バイオリン属・擦弦楽器、モリンホールを買いに行こう!

[2007/11/22] かばおやじーにょ

伝説「スーホの白い馬」で広く日本人にも知られるようになったモリンホールは、二弦の弓奏により西洋の弦楽器チェロの様に太くて心地良い、また、どこか懐かしく心に残る奥深い音色を伝える事のできる遊牧民伝統楽器の一つです。二弦とは云え、その一つ一つの弦は約100本の馬毛や細い合成繊維の束をピンと張ったものであり、西洋楽器との音質の違いを演出しています。さて、そんな素敵でウットリする楽器こそ職人さんのいる楽器工房で購入しては如何でしょう、この度はUB(ウランバートル)市郊外のモリンホール楽器工房を訪ねてみま… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 モンゴル、伝統楽器」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。