「ライン川、花火」に関連する現地ガイド記事

「ライン川、花火」に関連する現地ガイド記事

ライン川、花火に関する現地ガイド記事を集めました。ライン川、花火の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

夏こそ夜が長いドイツへ デュッセルドルフの熱い夏

[2008/05/29] Kei Okishima

太陽が遅くまで残るドイツの夏は、花火大会が23時にならないと始まることができないほど明るい。ケルンやデュッセルドルフでは、毎年夏花火が打ち上げられる。デュッセルドルフといえば、日本人が多いことで有名だ。もともと日本がドイツから買うものの中で多いのが機械製品。そして機械の生産で有名な地域、ルール工業地帯があるノルトライン・ヴェストファーレン州の州都がデュッセルドルフなのだ。そのためデュッセルドルフには日本人がビジネスのためによく訪れるようになり、インマーマンシュトラーセという通りは日本領事館をはじ… 続きを読む



父なる川で見上げる、真夜中の花火大会「ケルナー・リヒター」

[2007/07/06] Kei Okishima

日付が変わる直前の23時30分。音楽と共にパーンと勢い良く打ち上げられたのを封切りに夏の最高のロマンスは始まる。共有財産の「空」を使用する場合、日本人はせめて22時まで、というような常識があるだろう。しかしケルンの場合はそうもいかない。この日は午後から様々な場所でイベントが行われ、大聖堂、旧市街、ケルシュを飲む上機嫌な人々はいつでも花火が楽しめるように早くから準備を整えている。しかし肝心な花火を映し出すキャンバス「空」が紺色に染まるまで時間がかかる。なにせ7月のドイツは日没が遅く、23時ごろまで… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ライン川、花火」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。