「北京、稲香村」に関連する現地ガイド記事

「北京、稲香村」に関連する現地ガイド記事

北京、稲香村に関する現地ガイド記事を集めました。北京、稲香村の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

地下鉄10号線「張自忠路」駅の周辺で楽しむ北京下町食文化

[2010/01/21] 原口純子

地下鉄10号線「張自忠路」駅は、北京の旧市街にあります。駅をおりると、数百年にわたって南北に走る北京の通り、「東四北大街」です。この通りには、小さな食堂、老舗のお茶屋さん、お菓子やさん、食料品店、厨房用品の小さな店などが並び、北京の食文化探索には、とても楽しい通り。地下鉄で気軽にいけるので、ちょっとした散策におすすめです。 続きを読む



2月28日は、中国風白玉のお団子を食べる「元宵節」です

[2010/01/12] 原口純子

2月14日は、旧暦の1月1日にあたり「春節」と呼ばれます。それから15日後の旧暦1月15日を「元宵節」(中国語では、ユエン・シャオジエ)と呼び、この日は、家族そろってもち米のお団子を食べ、家族円満を願い、旧暦1月1日からの春節期間が最終的に終了する日として、お祝いをする習慣があります。 続きを読む



9月14日は、中国社会の伝統行事、中秋節

[2008/08/07] 原口純子

9月14日、中国社会の伝統行事、「中秋節」がやってきます。中秋節は、旧暦の8月15日で、私たちがふだんの生活で使う陽暦では、毎年、日付がかわりますが、ことしは9月14日、ちょうど日曜日にあたります。この日は、満月をながめ、家族団らんのご馳走をかこみ、「月餅」を食べる日。中国社会では、この日をむかえる前に、お世話になった人に「月餅」を届ける風習があり、毎年、夏を過ぎると、有名レストランやホテルのロビーには特性月餅の予約を受け付けるお知らせが目立ったところにおかれます。8月には、そんな風景が見られる… 続きを読む



北京で伝統食文化を感じるなら老舗の「稲香村」へ

[2008/07/09] 原口純子

この夏、訪れる観光客がどっと増えそうな北京。食の大国ですから、食事にも期待している方がおおいですよね。食文化といえば、レストラン以外に、一つの観光ポイントとしても楽しめる、北京の古い食料品店の老舗にいってみるのはどうでしょう。北京では食料品店の老舗といえば、なんといっても「稲香村」が圧倒的な定評があります。創業はなんと、1773年。もとは中国の南部、雅びな文化で知られる蘇州で、蘇州風のお菓子類を作っていた老舗でした。 続きを読む



6月8日、中国の伝統行事「端午節」には、“ちまき”を食べよう!

[2008/05/29] 原口純子

6月8日、中国の伝統行事、「端午節」がやってきます。端午節は旧暦の5月5日なので、私たちが使う太陽暦では毎年、変動があり、今年は6月8日になります。例年では、お休みにならなかったのですが、今年からは中国の法律がかわり、1日の休暇になることになっています。(とはいえ、今年は日曜日にあたりますね。まだ政府からは未発表ですが、前後の休みをつけて3連休になる可能性もあります。)この日は、ちまきを食べる習慣があり、人気店には市民が長い行列をつくります。この日、北京にいあわせたら、季節の行事食をぜひ試食して… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 北京、稲香村」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。