「北京、雑貨」に関連する現地ガイド記事

「北京、雑貨」に関連する現地ガイド記事

北京、雑貨に関する現地ガイド記事を集めました。北京、雑貨の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

北京の若者に大人気の日本の「鈴木食堂」+雑貨店「鈴木商店」

[2016/06/06] 原口純子

北京にはいま約1000件の日本食レストラがあるといわれていますが、なかでも若者に大人気なのが「鈴木食堂」。ほんの数人が座れる小さな店からスタートして、現在では、4軒目がオープン、人気の理由は、刺身や寿司、といった高級和食でなく、「カレー」「ハンバーグ」「サラダ」といった日本の若者が普段に食べている食事をメニューにしていること。料理の総監督をしているのは日本人で現在は北京に拠点を構える鈴木功治さん。「自分自身が食べたいと思う味を出す」という鈴木さんのポリシーに従い、日本人旅行者が食べてほっとできる… 続きを読む



午年ならではの縁起物をそろえたい「官園商品批発市場」

[2014/01/31] 原口純子

地下鉄6号線「車公荘」駅から徒歩約2分。「車公荘」の南側に「官園商品批発市場」の建物が見えてきます。3階だてのビルの上に「官園商品批発市場」の大きな文字がついているのが、分かりやすい目印になります。このビルのなかには、小さな店がぎっしり。プロの人々も買い付けにおとずれる服飾、雑貨の卸売市場ですが、1コ、2コといった少数販売にも応じてくれます。1Fは主に服飾、2、3階は主に雑貨。年末になると、新年にむけた縁起物グッズが出そろうので、中国らしい、ユニークなおみやげ探しにぜひおすすめです。 続きを読む



読書の秋に行きたい洗練の書店「PAGEone」

[2013/09/12] 原口純子

北京でもっともファッショナブルなショッピングエリアの一つとして有名なのが地下鉄10号線「団結湖」から徒歩7,8分にある「三里屯village」。低層のビルにさまざまなテナントがはいっていますが、その1つとして大型の書店が誕生しています。その名前は「PAGEone」、店舗面積1200という超大型書店です。金曜、土曜日の週末には夜中の24時まで営業しているので、とても便利です。 続きを読む



中国の美大と敷地内の美大見学へ

[2013/08/23] 原口純子

オークションで億単位で落札されるなど、世界的に注目が集まる中国アート。そうしたアーティストたちが育つ場の一つとして、中国トップレベルの美術教育校とされる「中央美術学院」が北京にあります。この敷地内には08年、中央美術学院付設の美術館が建設され、誰でも見学することができます。芸術の秋にむけ、中国全土からトップレベルのアーティストが集まる美大を見学してみるのはいかがでしょう。 続きを読む



新開通の地下鉄6号線を使って旧市街へ

[2013/03/16] 原口純子

2012年末、北京にまた新しい地下鉄「6号線」が開通しました。6号線は、北京市内の中心部を東西に貫く路線です。6号線が開通したことにより、北京中心部の旧市街の観光がとても便利になっています。6号線には、「南鑼鼓巷駅」「北海北駅」といった駅があり、周辺には、約700年前、元の都として造成された当時から残る「胡同」と呼ばれる横丁が広がっています。こうしたエリアは、以前は地下鉄がなく、タクシーが主な交通手段でしたが、歩いて回ってこそ、楽しいエリアでもあります。6号線の新開通により、このあたりのエリアで… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 北京、雑貨」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。