「曲線、建築」に関連する現地ガイド記事

「曲線、建築」に関連する現地ガイド記事

曲線、建築に関する現地ガイド記事を集めました。曲線、建築の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

世界遺産の街アレキパで、アルパカやパイチェのステーキを堪能!

[2016/10/01] 原田慶子

白っぽい火成岩を使った建築物にちなみ、「LA CIUDAD BLANCA(白い街)」とも呼ばれる世界遺産の街「AREQUIPA(アレキパ)」。グルメ都市としても有名で、市街地にはさまざまなレストランが軒を並べ、互いの腕を競い合っている。今回ご紹介する「ZIG ZAG RESTAURANT(ジグザグ・レストラン」は、熱々の溶岩石プレートでサーブするステーキが自慢。しかも牛肉や豚肉だけでなく、アルパカやパイチェ(ピラルク)、カマロン(川エビ)など、ペルーならではの素材を余すところなく味わうことができ… 続きを読む



北欧建築の大御所アルト・アールトの足跡を訪ねる

[2014/10/07] 田中ティナ

ヘルシンキから北へ300キロほどにあるユヴァスキュラは、湖と森に囲まれた地方都市。フィンランドの建築家アルト・アールトの博物館はユヴァスキュラ駅から約1キロ、歩いて5分ほどのところにある。フィンランドのみならず北欧を代表する建築家のひとりとして、また、建物以外にも家具、照明器具やガラスの器など、ものづくりデザイナーとしての彼の活躍を日本でもご存知の方もおられることだと思う。建築家としてのアールトは自らのアトリエはもちろんのこと、この博物館も設計しているが、彼の足跡はフィンランド国内だけではなく、… 続きを読む



チューリッヒ湖沿いのおススメお散歩コース

[2014/06/05] ロッテンマイヤー

トラム停留所「Bellevue(ベルビュー)」からチャイナガーデンまでは徒歩で約20分程の距離。チューリッヒの街並みだけでなく、はるか向こうを見渡せば頂上付近に雪をかぶった美しいアルプスの山々をも見渡せる最高の散歩コースになっています。チューリッヒの良いところのひとつは、スイスで最も大きな街と言われる一面をもちながら、そのすぐ近くにはこういった自然と触れ合える環境がそこここに溢れているところ。湖からの心地よい風を肌に感じながら、四季のうつりかわりが感じられる穏やかなひと時を感じてみてはいかがです… 続きを読む



北京の建築新名所「銀河SOHO」へ

[2013/06/19] 原口純子

北京の中心部に、2012年冬、白い巨大な曲線がめだつユニークな建築物「銀河SOHO」が完成しています。商業とビジネスの複合施設、「銀河SOHO」。ここはいま、建築やデザインに興味をもつ学生やプロを中心に、見学者が日々、多数やってくる、北京の建築、新名所となっています。地下鉄2号線「朝陽門」から徒歩約5分。駅を降りたら建物が見えるので、迷うこともありません。市の中心部なので、観光のついでにぜひ、見学してみてください。 続きを読む



豫園をぐるりと囲む謎の道の正体を探ろう!

[2013/04/12] 小田川愛

レンガ造りの重厚な建築がずらりと並ぶ外灘。フランス租界時代の建物を最新スポットへと生まれ変わらせた新天地や田子坊など、今も西洋の雰囲気が色濃く残る上海ですが、豫園のようないわゆる中国らしい一面もかつては多くありました。残念ならが今ではそのような史跡はほとんど残っておらず、ガイドブックなどを見ても、北京や西安のような歴史的建造物の案内はあまり載っていません。しかし町の片隅に目をやると、実はまだまだあまり知られていない歴史遺産が残っています。今回は上海中心部に残る、史跡をご紹介します。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 曲線、建築」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。