日本航空

日本航空

日本航空 機影 日本航空 ロゴ
常に高い定時性を維持!サービスも続々と刷新
日本はもとより、世界を代表するメジャーエアラインの1社。航空アライアンス「ワンワールド」のメンバーでマイレージサービスも充実だ。2016年の定時到着率がアメリカの航空運航分析会社の「FlightStats社」により、アジア・パシフィック地域で、第1位に認定された。サービス面では2017年イギリスの航空サービス調査会社「スカイトラックス」のワールド・エアライン・アワードで全世界のエコノミークラスシートの中で最も優れていると評価され、「ベスト・エコノミークラス・エアラインシート」賞を受賞。また、エイビーロード「エアライン満足度調査2017」で総合満足度1位を獲得した。機内Wi-Fiサービスも主要路線に導入。国際線機内食は「空の上のレストラン」のコンセプトのもと、ファーストクラスやビジネスクラスでは、スターシェフによる監修メニュー、プレミアムエコノミークラス・エコノミークラスでは、モスバーガーや吉野家など有名店とコラボした「AIRシリーズ」を提供するなど、常にチャレンジを続けている。


日本就航地羽田・成田・関西・中部
国籍/運航地点日本
ネットワーク羽田からニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、パリ、アジア9都市(ソウル/金浦、台北/松山、香港、北京、上海(虹橋/浦東)、広州、バンコク、シンガポール、ホーチミンシティ)、成田から北米6都市(ニューヨーク、ボストン、シカゴ、ダラス、ロサンゼルス、サンディエゴ、バンクーバー)、ホノルル、グアム、アジア15都市(ソウル、釜山、台北、高雄、香港、北京、上海、大連、マニラ、ハノイ、ホーチミンシティ、バンコク、シンガポール、クアラルンプール、ジャカルタ)、デリー、ヨーロッパ4都市(ロンドン、パリ、フランクフルト、ヘルシンキ)、モスクワ、シドニー、グアムへ、関西からホノルル、ロサンゼルス、アジア3都市へ、中部(名古屋)からホノルル、アジア4都市へ直行便を運航。グループ外の他社とのコードシェア便も含めると54ヶ国311空港に就航(日本国内を含む)。
座席構成(シートピッチ)F・C・PY・Y(F半個室・C半個室・PY約107cm・Y約84-86cm、777-300ERの場合)、C・PY・Y(C半個室・PY約107cm・Y約84cm、787-8、787-9の場合)、C・Y(C約117cm・Y約84-86cm、767-300ERの場合) ※一部異なる機材あり
機内食メイン選択肢F4・C3・PY2・Y2(路線により異なる)
マイレージグループワンワールド
マイレージプログラムJALマイレージバンク
日本路線の使用機材ボーイング787-8、787-9、777-300ER、777-200ER、767-300ER、737-800
WEBチェックイン
2レターJL
※文中略号:F=ファーストクラス、C=ビジネスクラス、PY=プレミアムエコノミークラス、Y=エコノミークラス

■更新日:2017年06月■


最新エアライン情報

LCC専用の成田空港第3ターミナルは、本当に遠い? 行き方と利用ガイド

簡素な成田空港第3ターミナル

羽田空港の国際線が充実してきてからというものの、成田空港の影が薄くなっている気がします。都心からです...続きを見る

【エアライン・空港】

(2017/09/04)

国際線の日本出発時刻を一発検索!
フライトスケジュールはこちら

エアライン基本情報