page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハワイ・ハワイ島・大自然の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

冬と夏が一日で体験できる!?魅力たっぷりのハワイ島


掲載日:2008/01/15 テーマ:大自然 行き先: ハワイ / ハワイ島

タグ: おいしい すごい! スイーツ 大自然


ハワイで雪!?

冬のマウナケア山頂には雪が積もることも。日本の「すばる望遠鏡」がある天文台と夕陽 冬のマウナケア山頂には雪が積もることも。日本の「すばる望遠鏡」がある天文台と夕陽

前回ご紹介した通り、ハワイ諸島の中で最も大きく、活火山のキラウエアがあるハワイ島。でも、ハワイ島の魅力はまだまだあります。熱帯雨林気候から寒帯のツンドラ気候まで、様々な気候区が一つの島の中に存在しているのです。
日本よりもはるか南に位置しているハワイ島は、基本的に一年を通して暖かいのですが、標高四千メートルを超える山が二つもあり、これらの山頂付近では冬場に雪を観測することは珍しいことではありません。そのため、水着でビーチに寝転がった数時間後に防寒具に身を包んで雪合戦をする、等ということも出来てしまいます
今回はハワイ島で最も高い山「マウナケア」と雨が多く緑豊かな「ヒロの街とその近辺」をご紹介したいと思います。

マウナケア

スノーボードをしたり、雪をつめて持ち帰る地元民達。海用ブギーボードで雪上をすべる人も! スノーボードをしたり、雪をつめて持ち帰る地元民達。海用ブギーボードで雪上をすべる人も!

マウナケアとはハワイ語で白い山の意味。冬場は雪を冠するためにそう呼ばれ、古代ハワイアンの聖地でもありました。日本の富士山より高く、標高は4205メートルにも及びます。今季は特に雪が多く、今後1〜2ヶ月(2008年2〜3月まで)は積雪が残っている可能性がかなり高いそうなので、ハワイで雪を楽しみたい方には絶好のチャンスです。
また、マウナケア山頂付近は天体観測に適していて、世界各国の13の天文台が建ち並びます。有名な「すばる望遠鏡」を持つ日本の国立天文台もその内の一つ。火山地形に建つ最新技術の天文台群はどこか宇宙的な風景。そして、天候にもよりますが、眼下に広がる雲海に夕陽が沈み、空の色が変わっていく様は壮麗!一度は見たい景色です。

ヒロの街とその近辺

高さ約129メートルのアカカ・フォールズ。とても迫力ある滝です 高さ約129メートルのアカカ・フォールズ。とても迫力ある滝です

気温は標高により変化しますが、降水量も場所によって大きな差があります。比較的に乾燥した島の西側コナ・コーストとは反対に、島の東側にあるヒロは雨が多く、緑が濃いです。育つ植物の種類も異なり、いかにも熱帯雨林という雰囲気が漂います。ヒロ近辺には滝も多く点在していて、迫力満点のアカカ・ファールズ、早朝に滝に虹がかかると言われるレインボー・フォールズ等があります。
美しい自然に加え、ヒロは穏やかで郷愁溢れる街並み。かつて日系の移民によって栄え、今でも多くの人が暮らしています。そんな街を散策しながら、クッキーが絶品の「ビッグアイランド・キャンディーズ」や地元のお店で買物を楽しむのも良いかもしれません。

ツアーがオススメ

ヒロにあるビッグアイランド・キャンディーズ。ここのショートブレッド・クッキーは大人気 ヒロにあるビッグアイランド・キャンディーズ。ここのショートブレッド・クッキーは大人気

とにかく広いハワイ島。慣れない土地で長い道のりを運転することやレンタカーでは行けない場所(マウナケア山頂など)を考えると、初めはツアーへの参加がオススメです。知識豊かなガイドが色々と説明してくれたり、防寒具の貸し出しをしてくれたりなど、至れり尽くせり。前回ご紹介した「ハワイ火山国立公園」へ行くツアーもありますので、詳細はツアー会社にお問い合わせを。
様々な小気候をもつハワイ島。夏の海辺/森から冬山まで、様々な景色を是非、楽しんでみて下さい。

【関連情報】

マウナケア中腹で見られる高山植物「銀剣草」。絶滅危惧種でハワイでも数箇所にのみ生息する マウナケア中腹で見られる高山植物「銀剣草」。絶滅危惧種でハワイでも数箇所にのみ生息する

■ハワイ島 マサシのネイチャースクール
個性的なガイドが揃っている、ハワイ島のツアー会社
URL: http://www.minshuku.us/
TEL: +1-808-937-5555(日本語)

■ビッグアイランド・キャンディーズ
美味しいクッキー&チョコレートのお店
URL:  http://www.bigislandcandies.com/
TEL:  1-808-935-8890
住所: 585 Hinano Street, Hilo, Hawaii 96720
時間: 毎日 8:30〜17:00

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/15)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索