page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハワイ・ハワイ島・大自然の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

聖なる力で守られた王族の谷「ワイピオ渓谷」


掲載日:2009/06/23 テーマ:大自然 行き先: ハワイ / ハワイ島

タグ: 絶景 大自然


ワイピオ渓谷

神聖なる王家の谷「ワイピオ渓谷」 神聖なる王家の谷「ワイピオ渓谷」

ハワイ島北部にあるワイピオ渓谷は神聖な場所として有名です。かつてはハワイアンの王族が住み、首都の役割を果たしていたと言われています。断崖絶壁に囲まれたこの渓谷は「王家の谷」と呼ばれ、崖にある洞窟には古代の王達が埋葬されているそうです。1946年と1979年に津波や洪水で大きな被害を受けたにも関わらず、死者が一人も出なかったことも、ワイピオ渓谷が聖なる力に守られた特別な場所と言われる由縁となっています。

まずは展望台から

ワイピオ渓谷の谷底から見るヒイラヴェ滝。秘境の雰囲気が満点 ワイピオ渓谷の谷底から見るヒイラヴェ滝。秘境の雰囲気が満点

ワイピオ渓谷の壮大な美しさは、まずは展望台から眺めてみてはいかがでしょうか。ワイピオとはハワイ語で「曲がりくねる水」という意味。谷を流れる川が曲がりくねって海へと流れているからついた名前と言われています。展望台からの景色は平和に満ちていて、周囲の切り立った崖、大きく開けた緑豊かな谷底、そして長い海岸線、まるでそこだけでも世界が完結しているような整った渓谷を一望できます

谷底に降りてみると

大きな水溜りのように見えますが、道路を横切る小川です 大きな水溜りのように見えますが、道路を横切る小川です

ワイピオ渓谷の展望台にのみ立ち寄るツアーは多いですが、せっかくなら谷底にも降りてみたいところ。大きく開けた谷底には、今でも約50人のハワイアンがタロイモを栽培したり、漁をして暮らしています。展望台からの急な坂を下って、まず初めに目を惹くのがヒイラヴェ滝。谷の奥の切り立った崖から落ちる滝はとても美しいです。また谷底を歩いていると、道路を横切って流れる小川を見つけたり、野生の馬と遭遇したり、冒険がたくさんです。

徒歩もしくはツアー参加で

谷底は緑豊かで、タロイモ畑もあります。私有地に勝手に入り、ハワイアン達の生活を邪魔しないようにご注意を 谷底は緑豊かで、タロイモ畑もあります。私有地に勝手に入り、ハワイアン達の生活を邪魔しないようにご注意を

谷底へと下る道はかなりの急勾配。四輪駆動の自動車のみが走行できます。レンタカーの保険は適用されないのでご注意を。馬車や車で谷底に連れて行ってくれるツアーもあるので、それを利用すると良いかもしれません。
徒歩では展望台から谷底まで、下りが約40〜50分、上りが約1〜1.5時間。海岸まで歩いたり、谷底を探索するのであれば、その分の時間も見積もっておいた方が良いでしょう。また、帰りの急な上り坂には覚悟が必要です。

【関連情報】

展望台から、渓谷へ下りる道はかなりの急勾配。徒歩か四輪駆動車で 展望台から、渓谷へ下りる道はかなりの急勾配。徒歩か四輪駆動車で

■ワイピオ渓谷への行き方(車)
ルート19号から240号へ入り、ホノカアの町を過ぎる。240号の突き当たりがワイピオ渓谷の展望台です。ヒロから約1.5〜2時間、コナから約2〜2.5時間

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/06/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索