page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハワイ・ハワイ島・大自然の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

貴重な体験!幻想的な夜の海で野生のマンタレイ(大きなエイ)達と出会う


掲載日:2016/06/24 テーマ:大自然 行き先: ハワイ / ハワイ島

タグ: すごい! ダイビング 一度は見たい


ナイト・マンタ・ツアー

ライトアップした海に舞う野生のマンタ達。驚くほど近くで見られることも ライトアップした海に舞う野生のマンタ達。驚くほど近くで見られることも

ハワイ島コナの海では、野生のマンタレイ(略してマンタ)がよく見られます。マンタはエイの中でも最も大きい種類で、幅が5メートル以上にもなり、長い尻尾を持っています。コナはこのマンタを夜に観察するダイビングが出来ることで有名で、世界中のダイバーの人気を集めています。ライトアップした海を優雅に舞うマンタ達の姿は圧巻でとても幻想的。しかも、かなりの至近距離にやってきます。スノーケリング、スキューバーダイビング、どちらでも楽しむことができます。

プランクトンを食べるマンタ

マンタのお腹の部分。コナでやおよそ250枚のマンタが個体識別されています。 マンタのお腹の部分。コナでやおよそ250枚のマンタが個体識別されています。

その大きさから、ちょっと怖い雰囲気もあるマンタですが、実はすごく安全で穏やかな生物です。大きな口を開けてプランクトンをすくって漉しながら食べます。牙もなければ毒針もありません。マンタの食べ物であるプランクトンは光に寄ってくる性質があります。夜の海を照らすとプランクトンが集まり、そのプランクトンを食べにマンタ達がやってきます。野生のマンタなので、その日によって異なりますが、過去には30枚以上のマンタが現れたことも。

初心者でも簡単、でも船酔い&寒さに注意

スノーケリンングの際は水中ライトが装着されたボードにつかまって、マンタを観察 スノーケリンングの際は水中ライトが装着されたボードにつかまって、マンタを観察

マンタは通年でコナの沿岸にいますが、海の荒れる日も少なく水温が上がる夏場は特におすすめ。マンタはプランクトン食べるときに、垂直方向に大きく旋回するので、スノーケリングで上から眺めるのも良いですし、スキューバーダイビングで下から見上げるのも迫力があります。そんなに海中で移動する必要もないので、比較的、簡単なアクティビティですが、慣れない夜の海で船酔いをしないように酔い止め薬を飲んでいくと良いかもしれません。また濡れた体は冷えやすいので海から上がった後は上着が必須です。

日本語対応ツアーも!

ウェットスーツやスノーケリングセットは貸し出してくれます。水着は事前に着用していくと便利 ウェットスーツやスノーケリングセットは貸し出してくれます。水着は事前に着用していくと便利

夜のマンタのツアーは多くの会社が行っています。「マンタ大学夜学部」のツアー日本語ガイドがつきますし、ホテルまでの送迎付きプランとホノコハウハーバー集合プランがあります。昼間はイルカのツアーをしているこの会社のコンセプトは自然を教室に見立て、マンタやイルカを先生と呼んでいます。確かに海は彼らのフィールド。私たちがそこにお邪魔して学べることはたくさんありそうですね。夜の海という異世界、マンタ先生の華麗な授業をどうぞ体験してみて下さい。

【補足情報】

日没前に出発して、ボート上で暗くなるのを待ちます。ボートから見る夕日も素敵 日没前に出発して、ボート上で暗くなるのを待ちます。ボートから見る夕日も素敵

◆マンタ大学夜学部(日本語対応)
URL: http://iruka.com/manta-ray-tour/
電話:+1 808-636-8440
ホノコハウハーバー集合プラン: 
  大人110ドル(約12,500円)、子供85ドル(約9,600円)*3〜11歳 
ホテル送迎付きプラン:
  大人140ドル(約15,800円)、子供85ドル(約9,600円)*3〜11歳 

*マンタ大学はスノーケリングツアーのみ。スキューバーダイビングツアーは下記ツアーなど
◆コナ・ホヌ・ダイバーズ(英語)
URL: http://www.konahonudivers.com
電話:+1 808-324-4668
スキューバーダイビング(タンク1本): 119ドル(約13400円)*税別

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/06/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索