page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

マウイ島旅行・マウイ島観光徹底ガイド

マウイ島旅行・観光の見どころ・観光情報

ハワイ諸島の中でハワイ島に次いで2番目に大きいマウイ島。起伏の激しい地形から「渓谷の島」とも呼ばれ、世界最大の休火山ハレアカラが観光のハイライトだ。マウイ島の代表的なビーチはカアナパリビーチ、他にも全米ベストビーチにも選ばれたカパルアビーチ、タートルウォッチングができるマルアカビーチなど様々なビーチが揃っている。ショッピングならラハイナの町へ。マウイ島で一番にぎやかな通り「フロントストリート」には様々なショップが並び、おみやげ探しにも最適だ。他にもオールドハワイの面影を残すハナ、国際的なリゾートとして人気のカアナパリなど町の顔も色々だ。(2016年9月編集部調べ)

マウイ島へ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2020/10/13現在) フライト時間 現地との時差
英語 USD 1 USD = 105.33303 約8.0時間 約-19時間

マウイ島の人気問合せ情報

マウイ島の最安値カレンダー

マウイ島旅行・観光でぜひ訪れたい観光スポット

マウイ島旅行・観光の選び方

標高3000mのハレアカラ山頂からビーチまで、自然が作り出した景観を楽しめる

マウイ島へはツアー期間5〜6日間のものが中心。観光付きからフリープランのものまで様々なプランがあるので、目的に合わせて選ぼう。家族旅行なら、子供割引があるツアーが狙い目だ。観光のメインはマウイ島の大自然。ハレアカラ国立公園やオヘオ渓谷では自然が作りだしたダイナミックな景観を満喫できる。ビーチで様々なマリンスポーツも楽しめるほか、さわやかな気候の中でのゴルフも人気がある。ショッピングならラハイナの町へ、ブティックやレストランも揃っている。島内の移動はレンタカーが便利、現地でも手配できるがツアーに組み込まれているものを選ぶといいだろう。(2016年9月編集部調べ)


マウイ島のグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示

一流レストランからヨーロッパ料理、エスニックフード、そして地元の人に愛されるローカルフードまで、グルメも満足できる飲食店が揃い、毎回の食事も楽しみのひとつになるだろう。マウイ島の特産品のタマネギを使ったオニオンリングは揚げたてが絶品だ。そしてハワイ近海で獲れた新鮮なシーフードはもちろん、島内の牧場で育てられた良質のビーフも人気がある。ハワイならではの色鮮やかなシェイブアイス(かき氷)や、パンケーキなどスイーツ類も観光の途中に忘れずに味わいたい。(2015年編集部調べ)

マウイ島のショッピング情報

手つかずの自然が魅力のマウイ島だが、ブランド品からカジュアルファッション、お土産にいたるまで、あらゆるショッピングも楽しめる。島内にはショッピングセンターが点在しており、それぞれ個性がある。ハワイの定番土産はもちろん、マウイならではのクジラをモチーフにした工芸品やアクセサリー、ココナッツやジンジャーなどマウイ産の植物によるハンドメイドコスメやオーガニック食品なども人気が高まっている。自分だけのお気に入りを見つけてみよう。(2015年編集部調べ)

マウイ島の気温・降水量ベストシーズン情報

マウイ島には基本的に夏と冬の2つの季節があり、11〜4月の冬は平均気温が22〜30度、夏は最高気温が35度以上となる。ベストシーズンは特になく、一年中観光に適している。島の中は、乾燥している西側、緑が豊かな東側、内陸部より8〜10度程度気温が高いビーチ周辺などいくつかの気候帯に分かれている。ハレアカラ国立公園の山頂付近では、平均気温は4度程度。旅の服装は夏服を中心に、夜の冷え込みや冷房対策の薄手のジャケットやカーディガンがあるといい。またリゾートウエアや水着も忘れずに。標高の高い場所に行く場合は防寒具を。(2015年編集部調べ)

現地ガイド発!マウイ島の観光最新情報

  • マウイ島のオススメツアー

    マウイ島旅行・マウイ島観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook