page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハワイ・オアフ島・動物の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

クジラの季節がやってきた!マカプー岬からホエール・ウォッチング


掲載日:2007/11/16 テーマ:動物 行き先: ハワイ / オアフ島

タグ: ホエールウォッチング 一度は見たい


冬のハワイ

11月〜4月(特に1、2月)のハワイはクジラの季節。ザトウクジラが繁殖のためにやってきます 11月〜4月(特に1、2月)のハワイはクジラの季節。ザトウクジラが繁殖のためにやってきます

冬のハワイは見所がたくさん。ホノルルマラソンにノースショアで行われるサーフィンの世界大会、クリスマスセールなどなど、大きなイベントが目白押しです。でも、冬にハワイに来る大きな理由の一つは、「寒さからの逃亡」ではありませんか?この時期、人間以外にもハワイへ暖かさを求めて、はるばるとやってくる動物がいます。それは「ザトウクジラ」。アラスカなどで夏を過ごしていたクジラ達は、冬になると出産・子育てのためにハワイ諸島周辺まで、5000キロメートル以上の長〜い道のりを泳いで渡ってきます。

クジラの季節

この時期は、沖合いにクジラの姿やクジラのあげる水しぶきを見かけることも この時期は、沖合いにクジラの姿やクジラのあげる水しぶきを見かけることも

今年(2007年)は10月中旬に今シーズン初めてのザトウクジラがラナイ島沖で観測されました。ハワイ諸島でクジラを見かけるようになるのは、主に11月後半から4月までと言われています。中でも特に行動が活発になり、頻繁に見られるのは1〜2月。この時期には、ホエール・ウォッチング船に乗るのも良いですし、ビーチから沖を眺めてみるのも良さそうです。沖合いで尾ヒレをだしたり、ブリーチング(ジャンプのような動き)しているクジラ達を見ることができるかもしれません。私の友人はダイヤモンドヘッド近辺でサーフィンをしていたら、運良くも数百メートル先にクジラがいたそうです!

マカプー岬トレッキング

マカプー岬の頂上からみるラビット・アイランドとブラック・アイランド マカプー岬の頂上からみるラビット・アイランドとブラック・アイランド

ホエール・ウォッチングにオススメの場所は、オアフ島の南東部にあるマカプー岬。ここは簡単なトレッキングコースになっていて、高台から見下ろす景色が素晴らしいところです。クジラの季節には、頂上から大海原を見渡すと、遠くにクジラやクジラがあげる水しぶきを見ることがよくあります。
もしも、運悪くクジラを見ることができなくても落ち込むことなかれ。マカプー岬には、クジラ以外にも見所はたくさんです。キャンドルのようで可愛い灯台や、頂上から見るラビット・アイランドなどの素晴らしい景色、そして、麓にはペレ(ハワイの火山の女神)の椅子と呼ばれる奇岩があります。トレッキング自体も、道が舗装されていてぬかるみもなく、頂上まで片道約30分のやさしいコースです。
この時期、ハワイに行くのであれば、是非、求愛の歌を歌いながら泳ぎ回る雄クジラや、生まれたばかりの子クジラを想像しながら、ハワイの暖かい海を眺めてみるのはいかがでしょうか。

【関連情報】

マカプー岬の麓には、火山の女神ペレの椅子と呼ばれる奇岩があります マカプー岬の麓には、火山の女神ペレの椅子と呼ばれる奇岩があります

■Makapu`u Point State Wayside(*マカプー岬は州立公園となっています)
アクセス:72番ハイウェイ(Kalaniana`ole Highway)のすぐ脇。ワイキキからだと車で約40分、シーライフパークの手前。
その他: トレッキングコースは片道約1.6キロメートル、頂上は海抜約150メートル。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索