page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハワイ・オアフ島・サーフィンの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ゴールデンウィークにはハワイでサーフィン・デビュー!


掲載日:2008/02/21 テーマ:サーフィン 行き先: ハワイ / オアフ島

タグ: おけいこ たのしい サーフィン ビーチ


サーフィン・デビュー!

ハワイは初めてのサーフィンに最適な場所 ハワイは初めてのサーフィンに最適な場所

周囲を海に囲まれ、一年を通じて気候に恵まれたハワイでは、サーフィンはとても身近なスポーツ。老若男女を問わず、サーフィンを楽しむ人が多くいます。高波が立ち、世界大会が行われる冬のノースショアのような上級者向けの場所もありますが、全てがそうとは限りません。初心者向けのポイントもたくさんあるので、ハワイでサーフィンに挑戦してみるのはいかがでしょうか。ゴールデンウイークにハワイでサーフィンを始めれば、その後は夏の日本でサーフィンを続けることもできますよ。

レンタルボード

ワイキキ・ビーチにはレンタルボード屋さんが数軒あります ワイキキ・ビーチにはレンタルボード屋さんが数軒あります

サーフボードは高値なので、いきなり買うのはちょっと考え物。でも、ワイキキ・ビーチにはボードのレンタルがたくさんあります。ボードの種類にも寄りますが値段は1時間10ドル(約1100円)ぐらい。ここで貸し出しているボードは、ほとんどがロングボード。ショートボードよりもロングボードのほうが浮力が強いので、初心者でも波が捕まえやすく、立ちやすいと言われています。また、レンタルのボードは、ぶつかっても怪我が少ないように柔らかめの素材で出来ているのも特徴的。まずはこれでサーフィンを経験してみるのが良いかもしれません。

スクールへの参加

ワイキキの波は、厚めでゆっくり崩れます。夏場はサイズアップすることも ワイキキの波は、厚めでゆっくり崩れます。夏場はサイズアップすることも

ボードを借りて自力でやってみるのもアリですが、一番初めはスクールに参加するのはいかがでしょうか。ワイキキ・ビーチでその場で申し込むスクールもありますし、事前予約が必要ですがホテルまで送迎に来てくれて別のサーフスポットに連れて行ってくれるスクールもあります。波の読み方やパドルの仕方を覚えたり、他のサーファーにぶつからないようにするためにも、初めは近くで指導してくれる人がいると安心です。初心者にとって自分のパドル力だけで波を捕まえるのはなかなか難しいですが、スクールでは先生が波に合わせてボードを少し押してくれたりするので、数回目の波でボードの上に立てた人も結構います。

ハワイでのサーフィン

サーフィンの神様と言われるデューク・カハナモクの像。ワイキキ・ビーチのシンボルです サーフィンの神様と言われるデューク・カハナモクの像。ワイキキ・ビーチのシンボルです

初心者、経験者に関わらず、ハワイでのサーフィンの良いところは、波待ちしているだけでも楽しいところ。ボードに座って海に浮いている時に、虹が見ることもあります。ローカル意識の強いスポットもありますが、波を捕まえようとパドルしていると「Go Go!」と応援してくれたり、波に乗っていると「Good!!」と声をかけてくれるフレンドリーなサーファーもいます。基礎体力と、波に乗ろうとしている他の人の邪魔をしないなどの配慮は必要ですが、ハワイの透き通る海で、波の上を滑る快感は何にも代えられません。是非、味わってみてください。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/02/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索