page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハワイ・オアフ島・マリンスポーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

カラフルな魚がたくさん!ハナウマ・ベイでスノーケリング


掲載日:2008/02/29 テーマ:マリンスポーツ 行き先: ハワイ / オアフ島

タグ: マリンスポーツ 美しい


スノーケリングを楽しもう

スノーケリング・スポットと言えば、ここ「ハナウマ・ベイ」 スノーケリング・スポットと言えば、ここ「ハナウマ・ベイ」

ハワイの海にはカラフルな魚がたくさん。そんな南国の水中世界を覗いてみませんか。スキューバーダイビングも良いですが、もっと手軽に楽しめるのが「スノーケリング」。重い器材は必要なく、マスクとスノーケルとフィンさえあればOKです。子供からお年寄りまで、気軽に楽しめるスポーツです。

ハナウマ・ベイ

熱帯魚がたくさん!餌付けはできませんが、間近で見ることができます 熱帯魚がたくさん!餌付けはできませんが、間近で見ることができます

ホノルルで人気のスノーケリング・スポットといえば「ハナウマ・ベイ」。自然保護区として市により管理されている場所です。入場料5ドル(約550円)が必要ですが、ライフ・ガードがいて安全ですし、浅瀬でもたくさんの魚がみられます。足がつくような深さ(大人の膝上ぐらいの深さ)で、かなり楽しむことができるので、あまり水に慣れていない人にもオススメ。入場時には全員が、ハナウマ・ベイの説明や注意事項のビデオを見ることになっていて、ここで魚のことや水中でのマナーなどを学んでからビーチに降ります。

亀が来ることも

敷地内にはスノーケリング・セットのレンタル所があり、便利です 敷地内にはスノーケリング・セットのレンタル所があり、便利です

ビーチにはスノーケリング・セットのレンタル所があるので、スノーケリング・セットを持っていなくても大丈夫。種類にもよりますが1セット9ドル(約990円)です。スノーケリングが初めての人は、まず足のつく範囲、ビーチに近い場所で練習してみると安心。泳ぎに自信があり潜るのが好きな人は、リーフ(岩礁)を超えて少し沖に出てみると良いかもしれません。見られる魚の種類はさほど変わりませんが、下が砂地で水深5メートル前後の水中景観が楽しめます。また、ハナウマ・ベイでは海亀を見ることもよくあります。海に入ったら是非、周りを見回して探してみてください。両手をパタパタとさせながら、のんびり泳いでいる海亀に出会えるかもしれません。

ナイト・スノーケリング

ハナウマ・ベイには海亀もよくやってきます ハナウマ・ベイには海亀もよくやってきます

スノーケリング・スポットとして有名なハナウマ・ベイですが、案外知られていないのが、毎月第二土曜日(夏期は第四土曜日も)は夜の22:00までオープンしているということ。バスの運行がない時間帯なので、行くのにはレンタカー等が必要ですが、夜のスノーケリングもまた一興です。水中ライトのレンタルもあり、薄暗い海中をライトで照らしながら泳ぐと探検気分で盛り上がります。夜の海に潜る機会なんてそうそう無いのでワクワクしますし、満月に近い日は海面に映る月明かりがとてもロマンチックです。
水槽では無く、自然の海を泳ぐ熱帯魚を見るのは良い旅の思い出となりそう。ハワイ滞在の際には手軽にスノーケリングを楽しんでみてください。

【関連情報】

第二土曜日は夜の22:00までオープン。ナイト・スノーケリングはいかが? 第二土曜日は夜の22:00までオープン。ナイト・スノーケリングはいかが?

■ Hanauma Bay Nature Preserve
URL: http://www.co.honolulu.hi.us/parks/facility/hanaumabay/information.htm
TEL: +1-808-396-4229
アクセス: ワイキキより市バス22番にのり、約35分。車の際は、高速道路H1の東方面終点(27番出口)よりKalanianaole Highwayに入り、そこから約15分程度で右側(海側)に入口。
料金: 入場料は大人1人5ドル(約550円)、13歳未満は無料。駐車代は車1台1ドル
※駐車場が満車の際は入場を断られるので、早めに行くことをお勧めします。
時間: 火曜日定休
夏期(4月第一週末より)6:00〜19:00、第二・第四土曜日は22:00まで。
冬期(10月第一週末より)6:00〜18:00、第二土曜日は22:00まで。

上記は変更の可能性もあるので、詳細はHanauma Bay Nature Preserve(+1-808-396-4229)にお問い合わせ下さい。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/02/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索