page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハワイ・オアフ島・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ギャラリーが遅くまでOPEN!「ファースト・フライデイ」でアートを楽しもう


掲載日:2008/04/17 テーマ:祭り・イベント 行き先: ハワイ / オアフ島

タグ: イベント


ファースト・フライデイ

毎月第1金曜日は、ダウンタウンからチャイナタウンにあるギャラリーが21時までオープン 毎月第1金曜日は、ダウンタウンからチャイナタウンにあるギャラリーが21時までオープン

毎月第一金曜日には、ダウンタウン〜チャイナタウンにあるギャラリーで「ファースト・フライデイ」というイベントがあります。17時から21時までのこのイベントでは、各ギャラリーが夜遅くまでオープンしている上に、無料でスナックやドリンクを提供している所もあります。付近にはアクセサリー等の小物や軽食を売るブースも出て、たくさんの人で賑わいます。お洒落なギャラリーをそぞろ歩きし、芸術鑑賞に興じてみるのはいかがでしょうか。

ギャラリー・ウォーク

ヌウアヌ通りにある「アーツ・アット・マークス・ガレージ」。ここからギャラリー・ウォークをスタートしてはいかが ヌウアヌ通りにある「アーツ・アット・マークス・ガレージ」。ここからギャラリー・ウォークをスタートしてはいかが

ギャラリーは特に、Nuuanu Ave.(ヌウアヌ通り)沿いに集中しています。まずは、「Gallery Walk」(ギャラリー・ウォーク)という無料のガイド地図を入手すると便利。各ギャラリーには大抵置いてありますし、スタート地点として丁度良いギャラリー「The ARTS at Marks Garage」(アーツ・アット・マークス・ガレージ)でも地図を手に入れることができます。20以上ものギャラリーやお店が参加しているイベントで、現代美術、ハワイ文化、アンティークからサーフカルチャーまで、様々な分野が楽しめます

各国のレストラン

チャイナタウンにある安くて美味しい飲茶で有名な「Mei Sum」(メイサム) チャイナタウンにある安くて美味しい飲茶で有名な「Mei Sum」(メイサム)

ダウンタウン〜チャイナタウンにかけての地域は、観光地というよりはビジネス街。旅行者があまり足をのばさないエリアですが、なかなか面白いお店が揃っています。ギャラリー・ウォークの地図の裏はレストラン・ガイドになっているので、それを参考にして夕食をとるのも良いかもしれません。中華以外にもフレンチ、ベトナム料理など、各国の料理が楽しめます。
夜のチャイナタウンアはあまり治安が良くない場所としても有名ですが、ファースト・フライデイの時間帯はたくさんの人がいますし、警官もたくさん歩いています。もちろん注意は怠らない方が良いですが、いつもよりかは少し安心です。

アートを楽しもう

現代美術からハワイ文化まで、お洒落なギャラリーがたくさん 現代美術からハワイ文化まで、お洒落なギャラリーがたくさん

もし、第一金曜日にハワイにいるなら是非、このイベント「ファースト・フライデイ」に出かけてみるのはいかがでしょうか。夜のダウンタウンの雰囲気を味わいながら、お洒落なギャラリーを見て廻るのは楽しいですし、生の音楽演奏があったり、活気に満ちた通りを歩いているとワクワクします。原画は無理でも、ギャラリーで気に入った絵・写真のプリントやポストカードを買ってみると良い想い出になりそうです。

【関連情報】

無料の地図「ギャラリー・ウォーク」。これを入手すると便利です 無料の地図「ギャラリー・ウォーク」。これを入手すると便利です

ギャラリー・ウォークの地図は下記サイトでも入手可能
http://www.artsatmarks.com/images/Gallery&RestGuide.pdf

アクセス:ワイキキから市バスでダウンタウン/チャイナタウンに行くのは2,13,19,20,42番など。約30分〜40分。ファースト・フライデイには、州政庁を過ぎNuuanu ave.で下車すると便利。2,13番は行き帰りともにHotel St.沿いにバス停が。19,20,42番は、行きはS. Beretania st.沿いでも、帰りはN. King st.沿いにバス停があるのでご注意を。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/04/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索