page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ハワイ・オアフ島・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

サーフボードの品揃え抜群!頼れるショップ「サーフ・ガレージ」


掲載日:2008/07/24 テーマ:ショッピング 行き先: ハワイ / オアフ島

タグ: お得 サーフィン ショッピング


「SURF GARAGE(サーフ・ガレージ)」

頼れるサーフ・ショップ「サーフ・ガレージ」。サーファー、海好きの方は必見のお店 頼れるサーフ・ショップ「サーフ・ガレージ」。サーファー、海好きの方は必見のお店

サーフィン・カルチャー発祥の地ハワイには、やはり波乗り目当てで旅行に来る方も多いのではないでしょうか。サーフィンを心置きなく楽しむためにも、信頼できるサーフ・ショップと出会えることは大切。サーフィンをこよなく愛する日本人店長が始めたショップ「SURF GARAGE(サーフ・ガレージ)」は、サーフボードの品揃えが豊富な上に、経験豊かで的確なアドバイスをくれるスタッフが揃っています。日本語を話すスタッフも常駐! ローカルにも日本人にも人気のお店です。

品揃え豊かなサーフボード

店長でサーファーのToruさん。気さくにサーフィンに関する相談にのってくれます 店長でサーファーのToruさん。気さくにサーフィンに関する相談にのってくれます

サーフ・ガレージには、新品で約150本、中古を含めると約200本ものサーフボードが揃っています。特にロングボードは、島一番の品揃えとのこと。セレクションもよく考えられていて、日本の波でも乗りやすいものや、日本で話題のボードも置いてあるそうです。そしてフィンの品揃えもお見事。これからサーフィンを始めるので一式揃えたいという初心者から、2枚目以降のボードやフィンを探している経験者まで、自分のスタイルにあったアイテムが見つかりそうです。値段も日本で買うより安く、ショートボードは中古で100ドル(約11000円)から、新品で525ドル(約57700円)から。ロングボードは中古で300ドル(約33000円)から、新品で890ドル(約97900円)から。お店の人にいろいろ相談して決めると良さそうです。

ボードのレンタル、年間預かり、修理も

看板犬のハナちゃん。店内はサーフボードから関連グッズまで、品揃え豊かです 看板犬のハナちゃん。店内はサーフボードから関連グッズまで、品揃え豊かです

海外サーフィンで大変なのは、サーフボードの持ち運び。サーフ・ガレージでは、ボードのレンタルの他に、自分のボードを年間単位で預かってくれるサービスをしています。サイズなどにもよりますが、一年220ドル(約24200円)から。航空会社の高いサーフボード運搬料と日本からの持ち運びの手間を考えると、一年に一、二回以上ハワイに来る人にはお得で便利なサービス。他にも故障したボードの修理、サーフスクールやガイドの紹介などもしているので、ハワイでサーフィンをする上で、本当に頼れるショップです。

アンテナの良いショップ

ハワイ伝統的アクセサリーのフィッシュフックと、可愛らしいサンライズシェル ハワイ伝統的アクセサリーのフィッシュフックと、可愛らしいサンライズシェル

サーフィン関連の商品以外にも、ハワイ特有のアクセサリーであるフィッシュフックやサンライズシェルのネックレスなどもお店で売っています。他にもプアラニの水着やpatagoniaのウェア、ハワイのアーティストの作品など、とにかくセンスの良い品物が取り揃えられています。サーフボードについてもそうですが、「日本で話題のものは既にお店に置いてあるし、むしろサーフ・ガレージに置いてあるものが日本で話題になっているくらい」という話も頷けます。
ワイキキから少し離れた場所にありますが、是非とも足を運びたいお店です。

【関連情報】

経験豊かで親切なスタッフから的確なアドバイスがもらえます。日本語スタッフも常勤 経験豊かで親切なスタッフから的確なアドバイスがもらえます。日本語スタッフも常勤

■ SURF GARAGE(サーフ・ガレージ)
住所: 2716 South King st. Honolulu
電話: +1-808-951-1173
時間: 月曜〜土曜10:00〜19:00、日曜定休
URL: http://www.surfgarage.com/

ワイキキから車で約10分。モイリイリ地区。駐車場スペースはお店の後ろに10台分あり。
市バスの際はワイキキから4番に乗り、University ave.とSouth King st..の交差点付近で下車。
※市バスはサーフボード持込禁止。お店に相談すればタクシー手配のサポートをしてくれます。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索